怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

咳が止まらない

咳が止まらない。
オレは風邪を引くと、決まって「喉の痛み→鼻水と咳→咳」という順番で症状が現れ、しばらく咳だけが残る。
咳はいつも一ヶ月ほど続くのだが、今回もまたそうなってしまっている。

内科で呼気の検査を受け、呼気中の一酸化窒素の濃度を測定したのだが、おそらく喘息ではないとのことだった。
しかし症状そのものは気管支が収縮したものなので、気管支を拡張するステロイドの吸入を処方された。

咳が残るのは上記の通り喘息のようなもので、その咳で風邪が他人にうつるということはないのだが、
オレが逆の立場だとしたら、目の前で他人に何度も咳をされるのはやはり嫌なので、どうしても気を遣う。

辛いのは、会話も満足にできないし、歌うこともろくにできないことだ。
普通に会話しようとするだけでも咳が出てくるので、部屋でギターを持っても当然歌うことなどできない。
一度風邪を引くと一ヶ月これなので、オレはいつも喉が痛くなった時点で憂鬱になる。

オレが通っている内科では、基本的に咳止めの薬は処方してくれない。
今回も、吸入の前は漢方薬を処方されただけだった。
吸入薬も咳止めの薬のように直ちに効くわけではないから、咳は相変わらず出続けている。
だが、何となく、そういうところが信用できる気がして、オレはその医者に通っている。

最近話題の「薬は必要ない」と主張するニセ医者は話にならないが、
薬は処方しつつもむやみに強いものを出さずに治そうとしてくれる医者は、なんとなく説得力があるような気がしてくる。
特に咳止めは中毒性がある(オレの知り合いでブロンをオーバードーズした人間もいる)ので、
オレ自身、こうして風邪で慢性的に咳が出るのに、その度にコデインやブロン液を飲むのもあまり気持ちよくない。

無駄とまでは言い切れないが、オレの消耗を避けようとしてくれる医者は悪くない。
そう考えて、オレはきょうも吸入薬を服用して寝ることにする。

【今日のまとめ】
ブロン液の味だけは欲しい。


というわけで。
  1. 2017/11/16(木) 22:57:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実名でインターネットをやることのメリット

オレは数年以上にわたり、実名でインターネットをやっている。
実名だが漢字ではなく片仮名を使っているのは、漢字が同じラーメンコンサルタントの人物がいるからであり、
片仮名の実名の後ろに「(鳩)」を付けているのは、名前がよく似たアーティストがいるからである。

オレが実名でインターネットをやっているのは、そこまで深い理由はない。

オレは吃音で自分の名前を名乗りにくいことがあるので、相手に名前を覚えてもらいたい(覚えてもらっていれば名乗る機会も減る)というのはあるし、
今後何かものを出す契約をした際、ハンドルネームで出す契約をしてしまうと、
後に別会社と契約をした際にそのハンドルネームの放棄を強いられる可能性があるのを未然に防止したいというのもあるが
(本名で出しておけば、著作権法上の氏名表示権を盾に、どこでも同じ名前を使える)、
それは副次的なもので、言ってみればあと付けの理由に等しい。
特にハンドルネームを使う必要がないからそうしているだけだ。

もっとも、実名でインターネットをやることにはメリットもある。

大きいのは、実名でインターネットをやることに批判的な人間が寄ってこなくなるということだ。

Facebookが出てくるまで、この国では実名でインターネットをやることはほとんど禁忌に等しかったが、
現在でも、実名でインターネットをやることを快く思わない人間は少なくない。
快く思わないことには大した理由はなく、同調圧力であったり、妬みであったり、要するに無駄な消耗だ。
そうした人間は、オレのように実名でインターネットをやっている人間のことを気持ち悪く感じて寄ってこない。
オレもそうした無駄な消耗に自ら巻き込まれにいく人間が気持ち悪いので、Win-Winの関係だ。

また、先日も書いたことだが、実名でインターネットをやっておけば、炎上により「晒される」ことはない。
自分から既に実名を晒しているので、実名を「晒されてしまう」という状況になり得ないからだ。
リスクをはじめから一つ減らした状態でインターネットをできるのは、消耗の少ない生き方に繋がる。

当然だが、無理をして実名でインターネットをやる必要はない。
無駄な消耗だとはいえ、実名でインターネットをやることを快く思わない人間が多い以上、
実名でインターネットをやることが自分の仕事や趣味の障害になることもあるだろうからだ。
だが、オレは、実名でインターネットやることはとても楽で、無駄な消耗が少ないと感じる。
要するに、ハンドルネームにこだわる必要もないのだ。

【今日のまとめ】
昔はオレにもハンドルネームがあった。


というわけで。
  1. 2017/11/15(水) 22:54:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナと水風呂、ラーメンとお冷

最近、サウナが好きになった。
これまではサウナはただ暑苦しいだけのものだと思っていて、それこそ一分も入っていられなかった。
しかし、「サ道」という本や周囲の人々の薦めもあり、
「水風呂とセットで入る」ということを覚えてからは、その気持ちよさに感動し、頻繁にサウナに行くようになった。



水風呂を経ると身体が芯まで冷え、サウナに長く入ることが可能になる。
サウナに長く入ると身体が芯まで温まり、それを水風呂で冷やしたくなる。
この往復だ。

サウナの何が気持ちいいかは人によって異なるようだが、オレは今のところ水風呂が好きだ。
もはや、水風呂に長く入るためにサウナに入っている感覚だ。
仕方なくサウナに入っているわけではもちろんないが、あくまでメインは水風呂なのである。

これは、ラーメンとお冷の関係に似ているとオレは思う。

以前に書いたかもしれないが、
オレが時折思うのが、「ラーメンはお冷をうまく飲むためのものだ」ということだ。

ラーメンがうまければうまいほど、食中や食後に飲む水(お冷)がうまく感じられる。
その水は冷水機のもので、上等なミネラルウォーターでは決してない、単なる冷たい水道水だ。
なのに、うまいラーメンの後に飲む水は、「こんなにうまい水があるだろうか」と感嘆するほどにうまい。
オレは、自分がその水のうまさを体験するためにうまいラーメンを求めているように感じることがある。

この等式関係からすれば、サウナはラーメンで、水風呂はお冷だ。
そう考えれば、ラーメンやつけ麺の好きなオレが、サウナを好きになるのは当然のことなのかもしれない。

【今日のまとめ】
たまに黒烏龍茶を飲むが。


というわけで。
  1. 2017/11/14(火) 21:03:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「特定」を防ぐ一つの方法

NHKで「ネットリンチ」の特集をされているのを目にした。
実際には無関係なのに殺人事件の犯人であると名指しでネットの掲示板に書き込まれた芸人と、
ある人物の代理人になったことがきっかけでネットで殺害予告を書き込まれ続けている弁護士が出演し、
ネットリンチがなぜ起こるのか、どのように防止すべきかなどが語られていた。

ネットリンチはいわゆる私刑であって、あらゆる社会において認められていないものだ。
ネットリンチはよく「いじめ」に例えられるが、ネットリンチといじめは異なるとオレは思う。

もちろん、いじめはその多くが犯罪であって許されないものだ。
だが、いじめはいわば単なる犯罪であって法で禁止されたものだが、
ネットリンチはそれを超えた、社会のシステムに反して許されないものだからだ
(ネットリンチ行為の中には法律で禁止された行為も多いが、それは別の問題だ)。
それをしてはいけないという法律があるから許されないのではなく、
権力に代わって私人が私人に罰を下すことは、近代以降のいかなる社会においても許されない行為だ。

ネットリンチについて、よく「自分が被害に遭ったわけではない行為を糾弾するな」と批判する人間がいるが、問題はそこではない。
良し悪しや被害の有無にかかわらず、私的復讐は許されない。

ネットリンチ行為の一つに、「特定」がある。
炎上行為などを行った人間の氏名や住所や勤務先や学校や顔写真などの個人情報を割り出し、ネット上に掲載する行為だ。
これにより「特定」された人間のプライバシーは強く侵害され、時には命を奪うことにも繋がる。

オレは、「特定」をする人間は、嫌がらせが目的というよりも、「特定」という行為そのものが楽しいのだと思う。
相手が隠したがっていることを暴くことは、歪んでいて許されはしないが、好奇心や探究心の現れだ。

「特定」を防ぐ方法が一つある。
オレのように、本名や顔や大まかな住所を自分から開示してしまうことだ。
オレは本名でTwitterやブログやメールマガジンをやっていて、住んでいる市も公開している。

もしオレが炎上行為を行ってしまったとしても、オレを「特定」することはきっと楽しくない。
既にオレの名前は判明していて、顔も分かるし、どこに住んでいるかも大方分かる。
暴いてやったという爽快感がないので、オレはきっと「特定」されないだろう。

もちろんオレはそのためにある程度の個人情報を開示しているわけではない。
だが、隠しているからこそ知りたくなるのが人間で、
それが「こいつは悪い人間なのだから暴いてもいい」という心情に繋がるのは紛れもない事実だ。
様々な事情で個人情報を隠さなければネット上での活動が難しい人は多いだろうが、
「特定」のリスクを負うという無駄な消耗を避けるというメリットを考えれば、
実名で顔を出して活動してしまうということも一つの選択肢だとオレは思う。

【今日のまとめ】
ドメインは「.com」がいい。


というわけで。
  1. 2017/11/13(月) 23:55:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢日記(2017/11/11)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オレは夜の海岸のような場所にいた。
リゾート地のようで、夜でありながら暖かく、多くの人で賑わっている。
みんな服は着ているので、海水浴目的ではなさそうだ。

突如、風を切るような大きな音がして、オレは空を見上げた。
数十メートルは優に超える巨大な物体が上空を飛行している、あるいは浮かんでいるのが見えた。
ディテールまでは思い出せないのだが、骨だけの姿の鳥に翼が生えているような、不思議で不気味なものだった。
周囲の人々もそれに気付き、辺りは困惑したような声でざわめきだしている。

しばらくその場を滞空していたその物体が、光を発しながら徐々に降下してくる。
オレを含め、人々は異変を感じた。
気付くと、その物体は10メートルほどの大きさの人型になって砂浜に立っていた。
顔は真っ赤に染まり、さながら興福寺の阿修羅像のようだった。

その物体は、周辺にいた人々を襲撃しはじめた。
どのように攻撃していたか、血しぶきが上がっていたなどの記憶はないが、
明らかに人々は殺されていて、悲鳴が聞こえていた。
オレは焦り、すぐ近くにいた見知らぬ外国人の少女と共に、すぐ近くにあったガラス張りのテラスに逃げ込み、
身を伏せてその物体に見付からないようにした
(その物体の真っ赤な顔は、人間と同様に対象を認識しているようだった)。
一旦はその物体は違う場所に向かい、オレたちは難を逃れたかに思えた。
しかし、結局はオレたちもその物体に発見され、視界が血しぶきに染まった。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この日はそれなりの量を飲酒したため、眠りが浅くなってこのような夢を見たのだろう。
それにしても、B級パニック映画のような夢だ。
恐怖感はものすごく、途中で目が覚めた時はとてもそのような気分ではなかったが。

いったいなぜこのような夢を見たかは謎である。
今日はテレビで「シン・ゴジラ」が放送されていたが、この夢はその前日のもので、
オレは「シン・ゴジラ」が放送されることは今日になって知ったので、夢が怪獣映画に影響された可能性も低い。
真っ赤な阿修羅像のような顔をした10メートルの巨大な人型の物体は、まさに「化け物」と呼ぶにふさわしい恐ろしさだった。

以前に見た夢でもそうだったが、夢の中で死ぬというのは不思議な感覚だ。
ビデオゲームで死んでしまった時のような感覚で、
死んだはずなのに、「自分が死んだ」ということを認識している自分が別に存在するのである。
これはオレが(当然だが)実際に死んだことがないのでそうなっているのだろうが、あまり気持ちのいいものではない。

悪夢ではあるし、積極的に見たいわけではないが、
後から振り返ると非現実的な内容で面白みも感じる。
そのうちまた同種の夢を見たら、こうしてエントリとして記録したい。

【今日のまとめ】
パニック映画をそもそも観ないのだが。

というわけで。
  1. 2017/11/13(月) 00:15:05|
  2. 夢日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: