FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ラーメン二郎 目黒店

先日、2019年の二郎初めをした。
今年の二郎初めは目黒店である。
このところは地元に近い栃木街道店にもっぱら行ってはいたが、
この目黒店こそ、オレが最も好きな二郎だ。

通っている美容室が中目黒付近に店舗を増やし、
オレを切ってくれている美容師がそちらに移動したので、
その美容室に行く前に二郎に立ち寄ったのだ。

14時過ぎの到着。
空いているのを予想していたが、20人近い並びがあった。
この日は連休の中日だったので、みんな考えは同じだったのかもしれない。
もっとも、目黒店はラーメンの量が少ないこともあって回転は早い。
ものの30分強で、提供までありつけた。

190113目黒店
▲豚入り小ラーメン・ニンニク(600円)。

赤いカウンターの上に、青が縁取られた丼、
そして黄色い麺・ニンニクと緑の野菜、ピンクがかった豚。
そのコントラストの美しさにおいては随一の目黒店だ。

もちろん、味のほうも完璧である。
デフォルトで硬めの麺は食感がたまらない。
塩辛い微乳化スープにその麺がよく絡み、
シャキシャキした野菜がいいアクセントとなる。
ほぐし豚の食感は柔らかく、他の二郎では豚入りを頼まないオレも、ここでは毎回豚入りにしてしまう。

店内に流れる競馬の実況を聴きながら、あっという間に完食して退店した。

肝心の美容室には、中目黒方面に向かってものの15分も歩けば到着する。
いい腹慣らしと思いながら、ニンニク臭を放ちつつ歩いていくのだった。

【今日のまとめ】
長島○久氏のポスターが増えていた気がする。


というわけで。
  1. 2019/01/16(水) 20:00:00|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三連休の使い方

先日の週末は三連休だった。
オレの職場はカレンダー通りに休めるので、その点は非常にありがたい。

三連休にどこかに出かけるという選択肢も当然あるのだが、
今回は初日の土曜日に法事があり、それは難しかった。
だが、その代わり、久々に贅沢な休日の使い方ができている気がする。

このエントリを書いているのは、三連休の中日である日曜の昼なのだが、
現時点ですでに、火曜日以降の仕事で着るワイシャツのアイロン掛けが終わり、
亀の水槽を洗い、部屋の掃除も済んでいる。
これから美容室に行き、夜はサウナに行く予定だ。

つまり、最終日の月曜は、ほとんど何もすることがない状態で迎えられるのである。

休日に家にいることはもったいないというのは、ある意味では正解だ。
しかし、普段の休日に家にいることは少ないので、
むしろ、たまにはこうして「何もしないこと」を楽しむのも悪くない。
遊ぶだけが休日の楽しみ方ではないのだ。

三連休の最終日である月曜には、5月の10連休の予定でも考えながら、
家であえてダラダラと過ごそうと考えている。
それは、無駄な消耗の対極にある生き方だとオレは思う。

【今日のまとめ】
有休は残り1日だが。


というわけで。
  1. 2019/01/15(火) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコンのタイマー機能

冬の朝は寒い。
オレは平日は毎朝5時に起きているが、
この時期はまだ真っ暗で、
部屋から廊下に出ると、室内であるにもかかわらず息が白い。
部屋で充電しておいたスマートフォンやタブレットは、まるで氷のように冷たくなっている。

仕事に行かなければならないので仕方なく起きるが、
もし休みであれば、確実に二度寝してしまう、そんな寒さだ。

そんなときにありがたいのが、エアコンのタイマー機能だ。
起きる20分ほど前にエアコンが起動するように設定しておけば、起きたときには既に部屋がかなり温まっている。
以前は起きるのが辛かったが、タイマー機能を使うようになってからは、すっきり起きられるようになった。

エアコンの起動音が気になるのではないかと思う人もいるだろうが、
オレは耳栓をして眠っているので、その心配はほとんどない。

冬の朝に起きられないという人がいたら、ぜひタイマー機能を使ってみてほしい。
エアコンではなくファンヒーターにも同様の機能はある。
きっと、相当に起きやすくなると思う。
ごく単純なことだが、無駄な消耗を低減する、一つの知恵だ。

【今日のまとめ】
夏場の冷房も同じだ。


というわけで。
  1. 2019/01/14(月) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「やめる」と言ってやめない人たち

Twitterのタイムラインを見ていると、
何かをやめると自分で言っておきながら、結局やめていないという人の存在が目立つ。
その「やめる」対象は主に酒やギャンブルであるので、単に依存症である可能性も高いが、
オレは医者ではないので、よくわからない。

それはともかく、やめられないのなら、はじめから「やめる」と言わないほうがいい。
それは責任感がどうだとか、そのほうがかっこいいとかいう話ではなく、
単にそれが最も無駄な消耗が少ないからだ。

まず、ギャンブルも酒も別に法律で禁止されていないのだから、やめなければいけない理由はない。
つまり、「やめる」と周囲に宣言する義務は何もないということだ。
義務がないのなら、わざわざ宣言し、そしてそれを破ることで信頼低下のリスクを負う必要はない。

また、自分との約束を破ることを繰り返すことで、精神が麻痺する。
普通は、自分との約束を破ることは精神的なダメージが大きい。
だから、破らないようにする。

しかし、自分との約束を破ることを繰り返しているうちに、
そのダメージの大きさに対する防衛機制が働き、
自分との約束を破ってもダメージを受けにくい精神が作られてしまう。
その結果、宣言してはそれを破り、再び宣言してはまた破るという循環が生じる。
一度そうなった人間は、もはや、自分との約束など何もできない。

本人たちがどう感じているかわからないが、
少なくとも、周囲の人間は、自分との約束を何度も破っている人間の発言など信用しない。
そうした人間の発言を信用することで、自分にリスクが及ぶ危険があるからだ。

それを好んでそうしているのならかまわないのだが、オレはそれを無駄な消耗だと感じる。
しかるべき機関に行き、適切な治療を受けるべきだろう。

【今日のまとめ】
こう言う手前、毎日エントリを書くこともやめにくい。


というわけで。
  1. 2019/01/13(日) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やめて得るものが特にない

就職してから3ヶ月が経過した。
当然、生活スタイルは大きく変化した。
平日は朝5時に起き、23時過ぎに寝るということを繰り返し、
週末にはサウナに行くという、きわめて規則正しい生活になった。

いまのところ特に苦痛はないが、
オレのような人間がよくこんな生活に順応しているものだと、我ながら感心する。

生活は変わったが、変わっていない部分もある。
それは、このブログと、メールマガジンの更新だ。
ブログは予約投稿が中心になり、メールマガジンの内容の締め日は必ずしも月末ではなくなったが、
ブログの毎日更新とメールマガジンの毎月配信は、いまのところ続いている。

一見大変に思えるかもしれないが、
不思議と、特に更新をやめようとは思わない。
やめたところで、得るものが特にないからだ。

ブログやメールマガジンを書き続けることで得るものはそれほどない。
仕事ではなく、好きで書いているだけだからだ。
そこに、負荷がかかることで成長するというプロセスはない。

だが、書くことをやめても、それによって何か他のことができるわけでもないし、金が入ってくるわけでもない。
どうせ、空いた時間でスマートフォンを操作しているか、寝ているかするだけだ。

そう考えると、いまさら書くことをやめるのは、相対的に考えると、無駄な消耗ということになる。

だから、オレはこうして、きょうもエントリを書いてしまう。

【今日のまとめ】
趣味とは言いたくない。


というわけで。
  1. 2019/01/12(土) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: