怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「日本が凄いのではなく、選手が凄いだけだ」という態度

冬季オリンピックが行われている。
オレは別にこの手のスポーツ観戦に熱心なわけでないが、たまたまテレビを見た時に中継がやっていると、何だかんだで見てしまう。

先日、Twitterで、「日本が凄いのではなく、選手が凄いだけだ」という旨のツイートを目にした。
オリンピックで日本選手を応援したり、上位に入賞した選手を目にして「日本は凄い」と言うのは変で、
国が凄いのではなく選手が頑張っただけだ、ということだろう。

言いたいことは分かるが、それは無駄な消耗だ。
それに、突き詰めると、日常生活にも支障が出るだろう。

オリンピックの選手は、国の代表として参加している。
建前のような部分はあるかもしれないがそれは事実だし、
現に、金メダルを獲得した選手には総理大臣が電話で祝福している。
大袈裟に言えば、選手はオレたちの仲間だということになる。

オリンピック選手を仲間だと言うと大袈裟に聞こえるが、
「仲間が活躍するのを目にして『その人が頑張っただけで、自分には関係ない』と言っている」と一般化すると、
それはむしろ礼を欠く行為であるとさえ感じられる。

友人や会社の人間が活躍した際に、それを讃えることをせずに「その人が頑張っただけだから自分は関係ない」と無反応でいることが正しいのだろうか。
むしろ、素直に賞賛する方が自分の得にもなるし、たとえ得にならなかったとしても少なくともマイナスはない。

一方で、他人を賞賛しない人間は他人からも賞賛されないし、助けてももらえないので、そちらは大きなマイナスだ。
それは明らかに無駄な消耗である。

別にオリンピックの選手を無理に応援すべきとは思わないし、「日本は凄い」と思うべきだとは思わない。
だが、日本を応援している人や、「日本は凄い」と言っている人を嘲るような態度は無駄な消耗で、淘汰の速度を早めるだけだろう。

【今日のまとめ】
「カントリーマアム」から8年。


というわけで。
  1. 2018/02/20(火) 14:38:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒙古タンメン中本 御徒町店

昨日、幕張メッセで行われた「ワンダーフェスティバル2018冬」の帰り、鶯谷の「萩の湯」に寄った。

「萩の湯」は銭湯だが、昨年にリニューアルされて小規模なスーパー銭湯並みの施設になり、浴室もサウナも広い。
最近のオレは、都内近辺で用事があった際には決まってここに寄り、サウナに入るようにしている。
サウナに最近はまっているというのが大きいが、
何より、銭湯に寄ってから帰ると、家で風呂に入らずにそのまま寝られるのが楽なのだ。

そして、「萩の湯」の帰りに、御徒町まで移動して「蒙古タンメン中本」に寄るのも最近のルーティンになっている。
サウナで汗をかくと塩分が失われるので、ラーメンを食べたくなる。
中本はその欲求を満たしてくれるばかりか、辛さで発汗することで再びサウナのように汗をかかせてくれる。

水風呂を繰り返した身体は、体温が下がるからか、外気に触れても寒さを感じにくくなるのだが、
現実には寒いわけだから、必ずしも身体には良くない。
そこで、中本にて「室内で汗をかく」という工程を一度経ることにより、外気を寒く感じる身体を取り戻すのだ。

180218中本御徒町1
▲味噌卵麺(880円)+バター(60円)。

今回もいつもと同じ「味噌卵麺」にバターをトッピングしたものだ。

180218中本御徒町2

今回は麺が少しヌメヌメしていた。
粉を落としきれていないのかもしれないが、食感それ自体は悪くなかったので良しとしたい。
しばらく続けて味噌卵麺を食べているおかげか、以前ほど辛さを感じなくなってきた。
舌が慣れてきたのだろう。
まだ「北極ラーメン」を食べるには程遠いが、やはり慣れは重要なのだと感じる。
それにしても、中本のラーメンは具沢山なのできちんと満腹になれるのが素晴らしい。

辛さに慣れたとはいえ、今回もサウナ顔負けの汗をかくことができ、退店後の外気はしっかり寒かった。
中本は座席数が多いからか、行列ができていても思ったほど待たずに食べることができる。
この回転の早さは空腹時にはありがたいことで、今後も足しげく通いたい。

【今日のまとめ】
そろそろ半ライスがなくても大丈夫かもしれない。


というわけで。
  1. 2018/02/19(月) 23:58:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

平日の日中にみんな仕事があるという環境は、実はおかしいのではないだろうか

もう何度かこのブログでも触れていることだが、
先日、都内のあるクラブが風営法違反で摘発される事件があった。
深夜に客にダンスをさせたことが違反の内容だった。

要するに、深夜でない営業ならば、客にダンスをさせても問題はないということだ。
ならば、深夜以外にイベントをたくさん開催するようにすればいいという話になるが、
流石のオレも、そんな簡単な話ではないということは分かる。
つまるところ、平日の深夜以外にイベントを開催しても、みんな仕事があって来られないのだ。

では風営法の方がおかしいのかと言われると、問題はあるにせよ、一概にそうは言えないだろう。
周辺の騒音問題はあるし、夜の方が日中に比べて治安の悪さを招きやすいのは事実だ
(それは、公共交通機関が動いていないことや、辺りの暗さも当然関係している)。
よく、風営法は悪者として槍玉に挙げられるが、
本当におかしい法律ならば、多数決の民意によって既に変わっているか、なくなっているはずだ。

だとすれば、平日の日中にみんな仕事があるという環境の方が、実はおかしいのではないだろうか。
もちろん分かっている。
こう書けば、「おかしいのはお前だ」と言われるだろう。
平日の日中は働くのが普通で、遊んでいる暇などない、と言われるだろう。

しかし、事実として、平日の日中に多くの人間
(もちろん全員でなくていい。そもそも、クラブに遊びに行きたい人間ばかりではないのだから)がクラブに行ける労働環境が整えば、
深夜の騒音問題は起こらないし、治安も悪くなりにくいし、
何より、風営法違反を犯すクラブもほとんどなくなる。
客の側も、遠慮なく酒を飲み、音楽を聴きながら踊ることができる。

「働き方改革」というワードをここ数年で耳にするようになったが、
本当の「働き方改革」というのは、日中にクラブに行ける人間がもっと増えるような環境を作ることなのではないだろうか。
少なくとも、それは無駄な消耗ではないだろう。

【今日のまとめ】
オールイベントだと眠くなってしまうし。


というわけで。
  1. 2018/02/17(土) 21:56:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オートパーラーまんぷく

IMG_4639.jpg
▲溢れ出るブレードランナー感。

一昨日、静岡の「サウナしきじ」に行った帰り道、埼玉の栗橋にある「オートパーラーまんぷく」に立ち寄った。
国道125号沿いにあるため、回り道をせずにそのまま立ち寄ることができるのが何よりも嬉しい。

23時頃の到着で店内には人はおらず駐車場も空いていたが、大型トラックが2台ほど停まっていた。

平日の深夜帯のトラック駐車事情は深刻で、
その時間帯に圏央道のパーキングエリアなどに立ち寄ると、出入り口の減速車線や加速車線上に大型トラックが縦列駐車で立ち並んでいて本当に危険だ。
マナー違反ではあるが、駐車できるスペースが足りておらず、他に停められる場所がない故の苦肉の策なのは明らかだから一概に糾弾もできない。
用地取得や資金面の問題で困難があるのは分かるが、輸送需要は今後も増加するのだから、
道路管理者には何とかしてパーキングエリアや駐車スペースの拡大をお願いしたいところだ。

そのようなことを、この昔ながらのオートパーラーに駐車されたトラックを見て感じたのだった。

IMG_4635.jpg

店内には富士電機製のうどん・そば自販機が相変わらず設置されている。
夜間なので売り切れも心配していたが、うどん・そば共に販売されていた。

IMG_4638.jpg

タイムカウントはニキシー管で、カウントのバグもなく、「チーン」という出来上がりの音もきちんと鳴る。

IMG_4637.jpg
▲天ぷらそば(200円)。

200円というお手頃価格の天ぷらそば。
これより安い価格の自販機うどん・そばは見たことがない。

量は少ないが、よく言えば食べやすい。
足りなければもう一杯買えばいいし、二杯食べても400円なのだから何の文句もない。
今回はやや麺に硬い部分があり、入れてから少し古いのかなと感じた部分はあったが、
こういうところも自販機フードの愛嬌だろう。
かき揚げは玉ねぎの甘みがあり、昔ながらの駅そばのような味だった。

この後「天ぷらうどん」も食べたが、そちらの写真は撮り忘れてしまった。
そばと比べてスープがかなり薄かったが、味を分けているというよりは機械の不調のように感じた。
その不調を愛するのも、自販機マニアとしての心得なのではないかとオレは思っている。

以前と比べて自販機の台数は少し減ったように思われたが、
それでも、うどん・そば自販機にカップ麺自販機、リポビタンやつまみやアイスの自販機など、
ここだけで軽食を完結できるだけの充実したラインナップは健在だった。
店内もややリニューアルされてより清潔になっているようで、居心地もいい。

これからも、遅い時間に久喜インターから降りてきた際にはぜひ立ち寄りたい、末永く続いてほしい場所だ。

【今日のまとめ】
ドライゼロも売っていたのが最高。


というわけで。
  1. 2018/02/17(土) 21:27:55|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウナしきじ

自動車のオイル交換を含むメンテナンスをディーラーで頼んだ翌日のきのう、慣らしも兼ねて静岡までドライブに行った。

IMG_4624.jpg
▲御神木の「大楠」。

圏央道から小田原厚木道路、真鶴道路から熱海ビーチラインを経て来宮駅付近に車を停め、まずは来宮神社に向かった。




目当てはこの「酒難除」のお守りだった。
来宮神社は縁結びで有名だそうだが、禁酒のご縁もあるそうだ。
自分と友人の分を手に入れ、お参りを済ませて早々と来宮を後にした。

ちなみに、境内にはインスタグラム撮影用の台があったり、
社務所はまるでスターバックスのような新しく綺麗な建物だったり、
そして「パワースポット」を自称していたりと、いろいろとフットワークの軽い神社であった。

来宮梅園の梅を横目に眺めつつ来宮を抜け、
国道1号から東駿河湾環状道路を経て新東名に乗り、新清水JCTで東名に入って静岡インターで降りた。
そこから10分ほど走らせると、今回のメインである、二度目の「サウナしきじ」が見えてくる。

IMG_4633.jpg
▲写真は夜に撮ったものだが、実際には昼に着いた。

今回は現地に住み、週4ペースでこの「しきじ」に通っているというむかどん氏と一緒にサウナと水風呂を往復した。

主だった感想は前回書いた通りで、今回もその感動は変わらない。
今回は粉末の「エネルゲン」を持参して浴室内の天然水で割って作り、適度に水分補給をしながらサウナを楽しんだ。
やはり薬草サウナのスチームは圧巻で、サウナ室内を少し動くだけでロウリュの熱波を受けているのと同じ状態になる。
フィンランドサウナの方も温度は120度を超えており、耳が焼け落ちそうになる熱さだった。
ここのサウナに慣れてしまうと、普通のサウナではなかなか汗を流せないのではないかと思う。

シャワーも、多くの施設でそうであるような押してすぐに止まってしまうタイプのものではなく、
任意のタイミングで止められる(つまり家庭用と同じ)タイプなのが素晴らしい。
フェイスタオルもサウナマットも取り替え放題、歯ブラシや糸ようじなどのアメニティもすべて使い放題で、
「こうだったら嬉しい」という注文がもはや何もない。

IMG_4628.jpg
▲焼きそば(550円)。

IMG_4630.jpg
▲唐揚定食(680円)。


今回は、昼・夜ともに「しきじ」内の食堂で食べた。
注文はリストバンドの番号を伝えて行い、退館時に精算するシステムになっている。
昼に焼きそば、夜に唐揚定食を食べたのだが、どちらもかなりの美味さだった。

注文を受けてから作られるので出来たてが食べられるが、それでいて提供が速い。
しかも価格もお手頃で、この手の場所にありがちな割高感がない。
飲食物の持ち込みは禁止されているが、こういう食事ができるならそもそも持ち込む必要がないだろう。



▲藤森慎吾氏御用達らしい。

今回は他に目的地を作らず、夜まで「しきじ」にいると決めたことで、より堪能できた。
仮眠室もほんの少しだけ使ってみたが、寝台列車の「ゴロンとシート」のような感覚で使え、快適だった。
静岡という立地上、帰ろうと思えば帰れてしまうので今回も宿泊はせずに終わったが、
もし西日本の方面に旅行する機会があれば、今度は中継地点として宿泊も試してみたいと思う。

きのう行ったばかりなのに、既にまた薬草サウナに入りたくなってしまっている。
その魅力こそが、「しきじ」の聖地たる所以なのだろう。

【今日のまとめ】
水風呂で間違って循環水を飲んでいたのは秘密。


というわけで。
  1. 2018/02/16(金) 21:30:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: