怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

トーキョーパラダイス

IMG_2870.jpg

都内で用事があったので、秋葉原に寄って東京アニメセンターで「ポッピンQ」展を見た。
作画クオリティの高さが話題になった作品だけあり、複製原画の展示は見ごたえがあった。
そういえば、本編ラストで示唆された続編の存在は結局どうなったのだろう。

その帰り、トーキョーパラダイスに寄った。
12時45分頃の入店だったが、団体の客が多く混んでいて、
空席はあったがまだ片付けも済んでおらず、店主はとにかく忙しそうな様子。
チキンカレーがいつにも増して人気だったようで、オレが注文するときには売り切れてしまっていた。

そして、ライスも無くなったのだろうか、ちょうどオレで終了となり、オレの後に来た客は断られていたのだった。
もう少し来るのが遅かったら食べられなかったので間一髪だが、
いつも盛況とはいえ、トーキョーパラダイスでここまでの状況に出くわすのは初めてである。
人気なのは嬉しいが、何かのメディアに取り上げられでもしたのだろうか。

IMG_2876.jpg
▲ビーフドライ(800円)。

しかしカレーはいつもと変わらない最高の味。
こってりしすぎの感もあるがそれがたまらないドライカレーと、肉がたっぷりのビーフカレーの相性は抜群。
水気の少ない絶妙な炊き具合のライスも、カレーライスとしてのクオリティを高めている。

普段は13時過ぎに来て空いた店でゆっくり食べるのだが、今回はたまたま早く来て正解だった。
こういう運の良さは嬉しいものだ。

【今日のまとめ】
スーツで訪れたのは初めてかもしれない。


というわけで。
  1. 2017/05/24(水) 23:23:01|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「トナリ」の焼そば

MOVIXさいたまで映画「BLAME!」を観た。
平日の朝一ということもあり人はあまりおらず、快適に観ることができた。
かなり上手くまとまっていて、一つのエンターテイメントとして滿足度の高い映画だった。

こういうSFの映画は設定や進行などで引っかかりを感じるとそこで置いていかれてしまい、その後の話が頭に入ってこないということもよくあるが、
この映画は世界観や登場人物の置かれた状況が丁寧に説明され、それでいてくどくない。
そのおかげで、爽やかな内容の話ではないのだが、観終えた後にすっきりできた。
設定があまりに難解で複数回観ることが前提のような姑息な映画が多い中
(簡単な方がいいというわけではないが、芸術ではなく商品なのだから、金を払って観たことでモヤモヤするのはおかしいとオレは思う)、
この「BLAME!」は直球勝負の名作だと思う。

その帰り、大宮の「トナリ」に久々に寄り、焼そばを食べた。
前日にトーニャハーディング先輩がTwitterに写真をアップしていて、食べたくなってしまったのだった。

170523トナリ焼そば
▲焼そば・大盛り(750円)。

今回は半熟卵を追加せずにデフォルトの味のまま食べた。
甘辛いソースが極太麺に絡むその焼きそばは、替えが効かないうまさだ。
一緒に盛られた野菜炒めと併せてやや塩気が濃いが、小細工せず塩分で勝負するその様は潔い。
今回も、皿に溜まったスープまでしっかり完飲した。

トナリはチェーン店ではあるが、
この焼きそばは、オレの中で二郎のラーメンやトーキョーパラダイスのカレーと並ぶ存在である。
それは、上にも書いたが、替えが効かないからにほかならない。

【今日のまとめ】
「タンつけ」も気になるのだが...。


というわけで。
  1. 2017/05/23(火) 21:52:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

女だって、結婚したいときにプロポーズをしていいのであって、男の返事を待つ必要はない

「男は仕事に行き、女は家事をする」という価値観は順調に崩れつつある。
誰かが仕事をし、誰かが家事をするという分担自体は明らかに必要だが、
そこには男女のどちらかが割り当てられるべき必然性はないし、
また一方が常に仕事をする側で、他方が常に家事をする側である必要もないということに、社会が気付いたのだ。
それがいいことかどうかは独身のオレにはわからないが、
オレは別に家族の誰が仕事をして誰が家事をしようとも構わないと思う。

しかし、そういう価値観は崩れたのに、
「プロポーズは男がするべきだ」という価値観はいまだ根強い。
女が男に指輪をあげたり、結婚を申し込むという例はもちろんあるのだろうが、
それが一般的でないのは明らかだし、それを変だとか、男が情けないとか感じる人間が多いであろうことも間違いない。

オレは別に、女にプロポーズしろとか、男に負担をかけるなと言いたいのではない。
だが、女だって、結婚したいときにプロポーズをしていいのであって、男の返事を待つ必要はない。
もし結婚したいのではなくてプロポーズをされたいだけなのであれば、いずれにせよそれは問題がある。
結婚はタイミングだと言うのなら、今がそのタイミングだと感じたときに動くのが男でなければいけない必然性はない。
告白は女からするのも普通なのに、結婚となるとそれが異常になるのは不思議だ。

しかし、それでも、「たいていは男の家に女が嫁入りするのだから、やはり男から言うべきだ」などと言われてしまうのだろう。
だが、婿入りの場合には女が指輪を渡すのが当たり前なのだろうか。
絶対に違うだろう。

それではイエ制度が形骸化したなどとはとても言えないし、
夫婦別姓の議論など、まだ俎上にも乗りはしない。

【今日のまとめ】
あまり説得力のない話だが。


というわけで。
  1. 2017/05/22(月) 21:00:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「おにやんま」の冷とり天ちくわ天ぶっかけ

IMG_2863.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2865.jpg

IMG_2866.jpg

IMG_2867.jpg

この五日間、五反田で用事があったので、
火曜から土曜まで毎晩「おにやんま」で「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べた。
大盛りと並盛りを食べた日がそれぞれあったが、大盛りだとやはり結構なボリュームがある。

これまでに何度も書いてきているが、この「おにやんま」には色々なメニューがあるのに、
どうしてもこの「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べてしまう。
自分でも異常なのではないかという気がするが、これがうまいので他を食べる理由もないというのが正直なところである。
よく引き締まった冷やしならではの麺、サクサクの天ぷら、飲みやすいつゆ。
価格も安い(並が490円、大が590円)。
他のメニューを食べたいと思う以上に、この「冷とり天ちくわ天ぶっかけ」を食べたいと思ってしまうのだ。

いったいいつになればオレは他のメニューを食べることができるのか。
もしかしたら、その日は来ないのかもしれないとさえ感じる。

【今日のまとめ】
オレ以外も大体これを食べている。

というわけで。
  1. 2017/05/21(日) 21:50:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

消費者として当然の行動を取った

先日、ネットの通販サイトで購入したミニNESがようやく届いた。
発売は昨年の11月だったので、半年近く待たされたことになる。

オレはそのサイトで7月頃に予約をしたのだが、
予約し、7月中にPayPalで決済をしてしばらくしてから、そのサイトの評判があまり良くないということを知った。
詐欺ではないが、詐欺まがいのことをしているということだ。
商品をなかなか発送しないが、「発送しないのではなく入荷しないだけだ」と言い張る。
そして、入金によりある程度の現金が集まると、一部の注文者に発送する。
発送した事実がある以上、売買の実態が存在するものとして、詐欺として扱うことは難しくなるのだ。
そうした巧妙な仕組みを構築した上で、
注文者が泣き寝入りするか、キャンセル料を支払って諦めるのを狙い、儲けを得るという考えなのだろう。

オレもここ最近まで勉強代と思って(いちいち動くのも面倒なので)何もアクションを起こさなかったが、
泣き寝入りするのも癪だし、キャンセル料を支払うのもふざけた話なので、
その会社に「発送されないが、どうなっているか」という旨の問い合わせのメールを送った。

すると、数日して返信があった。
「個別の納期は明言していない。」
これは予想していた通りだ。
発送しないのではなく、まだ入荷していないだけという逃げ口上である。
そして、これに加えて、「差額2万円強を支払えば、納期2週間で発送する」と書かれていた。
あらためてサイトを見ると、通常の納期確約なしの商品が35800円、納期2週間の商品が39800円となっていた。
いつの間にか値上げしているのである。

だが、これは相手に不利になる事実でもあった。
価格こそ異なるが、同じ商品を物理的に納期2週間で納入できるのにそれをしないことは、債務不履行である。
また、故意の立証は難しくなるが、詐欺に該当する可能性もある。

そこで、オレは、
「2週間以内に発送いただけない場合、最寄りの警察署に詐欺事件として被害届を提出する」と返した。
また、キャンセル料を40%としたり、特定商取引法に基づく記載の変更を従前の取引に遡って適用させることは、
消費者契約法10条に反するということも付言した。

すると、その2日後、発送メールが届き、その翌日にはミニNESが届いたのだった
(商品は本物で、見た目や動作も問題はなかった)。

おそらく、相手は、オレを面倒臭い相手だと思ったのだろう。
だが、脅しではなく、もし2週間以内に発送されなければ、オレは実際に警察署に行くつもりでいた。
消費者生活センターでは法的拘束力を持った介入はできないし、
民事裁判で1万円強の返還を求める訴訟を提起するのも面倒だったから、刑事で攻めるのが最良の手段だと考えたのだ。
いずれにせよ、相手は債務を履行したので、オレはもう何もしないし、何もできない。

こうしたサイトであることをよく調べずに注文したオレにも当然落ち度はある。
だが、落ち度があったら泣き寝入りしなければいけないという理屈は成り立たない。
オレは消費者として当然の行動を取ったまでであり、またそうした行動を取ることが、
相手の今後の詐欺まがいの活動を萎縮させ、そうしたサイトを撲滅することに繋がる。
これは必要なことだから、無駄な消耗ではない。

【今日のまとめ】
結果的にプレ値より安く買えた。


というわけで。
  1. 2017/05/20(土) 20:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: