FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

公楽園

IMG-5353.jpg

海岸から内陸に入り、しばらく走って燕市へ。
国道116号線を北東に向かって走ると、おなじみの古びた建物が姿を現した。
田んぼの中のオアシスホテルこと、「公楽園」である。

IMG-5354.jpg

連休初日ということもあってか、車はそこそこ停まっている。
群馬のオレンジハットもそうだが、地元民と思しき年配の人々がスロットゲームに精を出す。

この時点で既に新型コロナウイルスの報道があり自粛ムードは漂いだしていたが、
行くところがないとなると、こういう店で時間を潰すしかない人も当然いる。
まさに、オアシス的な存在なのである。

IMG-5355.jpg

トースト自販機でハムサンドを買い、持ち帰って翌朝のホテルで食べた。
ここのトーストサンドは甘みがあって、翌朝に冷めた状態で食べてもそれなりにうまい。

IMG-5357.jpg

ワコー食品の冷凍弁当自販機も健在だった。
このときは満腹だったので手を出せなかったが、また今度訪れたときに健在であればカレーライスを食べてみたい。

ちなみに、このブログには写真を載せられないが、成人向けDVDの自販機もあった。
「田んぼの中にこっそりエロビデオを買いにくる」という昭和のアクションが、この地ではまだ起こせる。

IMG-5359.jpg

「公楽園」を出て、同じ燕市内の「ツバメコーヒー」に立ち寄った。
美容室と同じ建物に入っているが、オーナーはその美容室の家系の方だそうだ。
店内は混んでいたので、コーヒーフロートをテイクアウトして車内で飲んだ。
ガンジーソフトをでかでかと乗せたインパクトのあるルックスに面食らったが、
食べごたえがあり、風味も抜群だった。

ちなみに、ガンジーソフトの「ガンジー」は、良寛の見た目とは無関係らしい。

【今日のまとめ】
車内に少しこぼれた。


というわけで。
  1. 2020/03/29(日) 22:24:08|
  2. 自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒙古タンメン中本 大宮店

自粛ムードが漂う中、大宮に行った。
一ヶ月前から予約している矯正歯科に通院するのが目的なので、「不要不急」ではないだろう。

歯医者の後、東口の「蒙古タンメン中本」に行った。
単純に食べたかったということもあるが、
きょうは昨年に亡くなった友人の誕生日で、その友人が中本が好きだったというのが大きい。

IMG-5522.jpg
▲味噌卵麺。

彼は「北極ラーメン」が好きだったが、オレはそこまで辛いものは食べられない。
オレなりに好きな麺をすすりながら、彼のことを思い出した。

IMG-5539.jpg

その帰り、大宮公園まで歩き、桜を見た。
ここなら、密閉もしていないし、密集というには人はまばらで、密接でもない。
すでに葉桜になりつつある桜の下で、あまりにも早く去った友人のことを思った。

彼は意識のないまましばらくして亡くなったので、あまり「命日」という日に印象はない
(こんなことを言えば遺族に失礼かもしれないが、正直な気持ちだ)。

だから、オレは年に一度、彼の誕生日に彼のことを思い出そうと思う。
彼と初めて会った、江戸川公園での花見のことを思い出しながら。

【今日のまとめ】
こんど京都二郎に行こう。


というわけで。
  1. 2020/03/28(土) 23:38:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

国民から信頼される政府

世の中が不穏な雰囲気になっている。
オレは非常時を楽しんでしまうタイプなのであまり危機感はないが、
お上に逆らおうという気もないので、外出を控えろと言われれば素直にそれに従う。

SNSを中心とするインターネットでは、政府への批判や、政府への不信を表明する書き込みを数多く目にする。
そうした書き込みを眺めていると、つい、
「国民から信頼されている政府」が理想の存在であるかのように錯覚してしまう。

だが、それが誤りであることは自明だ。
政府は、原理的に国民から信頼されてはいけない存在だからだ。
国民から信頼され、批判を受けない政府がどうなるかといえば、独裁だ。

発展途上国のレベルであれば、
独裁でありながら国民が満足し、一見豊かな生活を享受できるという状況もあり得るが、
日本のような豊かな国ではそれは不可能だ。

民主主義において国民に期待されていることは、政府を監視し、批判することだ。
みんなが政府を批判している現状は健全である
(もっとも、その批判の内容が現状あまりにも幼稚であることは大きな問題だが)。

批判をしても処刑されず、警察に捕まることもない国家は明らかに健全だ。
そんなわが国であれば、きっと立ち直りも可能だろう。

【今日のまとめ】
たまには前向きに。


というわけで。
  1. 2020/03/27(金) 21:19:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き抜くことが大事だ

再び、スーパーで買い占めが起きているという話をSNSで目にした。
都知事の会見を聴き、家から出られなくなることを危惧した人々が買い占めに走ったのだろう。
オレの住む茨城でも、きょうになって似たような状況になっているらしい。

買い占めは愚かな行為だという風潮がある。
オレもそれは理性的な行為ではないと思うが、生き抜くためには合理的な行為であるとも思う。
買い占めによってある程度食料や生活必需品を備蓄しておけば、生き抜ける確率が高まるからだ。

必要なのは、新型コロナウイルス云々ではなく、生き抜くことだ。
新型コロナウイルスに感染しなくても生き抜けなければ意味がないし、
逆に、たとえ新型コロナウイルスに感染してしまっても、回復して生き抜ければそれでいい。

自分にとって大事なことは何なのか、いま一度確認しておきたい。

【今日のまとめ】
オレはAmazon定期おトク便派。


というわけで。
  1. 2020/03/26(木) 13:13:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き抜くために必要なもの

国が何もしてくれない。
SNSを開けばそうした主張が溢れかえっている。

しかし、国はそもそも何かをしてくれる存在ではない。
そもそも、民主主義国家においては、「国が何もしてくれない」と文句を言っている国民も、その国の一部である。
どうしても不満があるなら、自分が選挙に立候補して政府の一員となり、
不満がある部分を改善していく以外にない。

休業に対して補償をしてくれ、という主張もある。
だが、国が補償をするとして、その財源は税金である。
国民全員で平等に損失を負担すること自体はあり得る考え方だが、
税金を財源とすれば、そのツケは最終的に増税となって返ってくる。
きっと、補償がないことに文句を言う人々は、その増税に対してもSNSで批判するだろう。

苦しいのはみんな同じだ。
そんなときに必要なのは、国に助けを乞うことではなく、自助努力である。
どうしても生活が成り立たないならば生活保護もあるし、それは制度であって恥ではない。

生き抜くために必要なのは、国に文句を言うことではない。
それは自明のことだ。

【今日のまとめ】
固定資産税は下げてほしいが。


というわけで。
  1. 2020/03/25(水) 13:13:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: