FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

奥裏磐梯らぁめんや

館林から東北道に乗り、郡山で磐越道に入って猪苗代磐梯高原ICで降りる。
台風12号の接近による雨雲と山間部の変わりやすい天気が相まって不安定な空模様だったが、いっときは晴れ間も覗いた。
避暑地らしくペンションや美術館などが点在する町並みを抜け、カーブだらけの峠道をしばらく走ると、開けた湖畔に「まちの駅」が現れた。

IMG_5180.jpg
▲静かな湖畔。

IMG_5190.jpg

この「まちの駅」が、今回の旅の最初の目的だった「奥裏磐梯らぁめんや」を兼ねている。
元々は喜多方の「喜一」に関連する店だったようだが、現在は独立した店になっているという話だ。

人気店ということもあり店内は待ちがあったが、名前と人数を記入して待つシステムなので気は楽だ。
不安定な天候もあってか、土曜とはいえ大混雑というほどでもなく、20分弱で案内された。

「まちの駅」の建物は玄関で靴を脱ぐ古民家スタイルなので、店内は一部を覗いて座敷だ。
4人で来たので、テーブル一つを4人で占有することができた。
メニューは会津山塩ラーメン、醤油ラーメン、味噌ラーメンの三種に各種チャーシューメンを合わせた計6種。
せっかくなので、「会津山塩チャーシューメン」の大盛を注文した。

IMG_5181.jpg
▲会津山塩チャーシューメン・大盛(1150円)。

透き通った塩スープのラーメンにチャーシューがたっぷり円を描いて載ったスタイルは、まさしく喜多方ラーメンのそれだ。

IMG_5186.jpg

麺も喜多方ラーメン的な平打のちぢれ麺だが、比較的歯ごたえのあるもの。
「喜一」などの柔らかいそれとは一味違った食感を味わえる。

透き通った山塩のスープは芯がありながらも優しい味で、嫌な塩辛さがまったくなくゴクゴク飲める。
当地の水質の良さも大きく寄与しているのだろう。
最終的に完飲したが、胃もたれはまったくなかった。

チャーシューは脂身たっぷりだが、嫌な脂っこさは感じず、柔らかく甘みがある。
きっとこれだけをご飯とともに食べても充分満足できることだろう。

4人全員が完飲し、大満足で退店した。
不安定な天気ではあったがこのときは綺麗に晴れていて、湖にはボートで泳いでいる人の姿も散見され、実にのどかな光景だった。
台風の進路から離れた形でタイミングよく関東を離れ、こうして休日を満喫できる幸せを存分に噛み締めることのできたひとときだった。

【今日のまとめ】
店内にハチが出現するハプニングもあった。

というわけで。
  1. 2018/07/31(火) 22:51:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蕾 煮干分家

きのう大宮で用事があったので、久々に「蕾 煮干分家」に立ち寄った。
用事は東口だったので、「蕾 本家」のほうで済ませようかとも考えたが、
オレは煮干分家の方が好きなので、暑かったが駅舎をまたいで西口の煮干分家へと向かった。
18時ごろの入店で、空席の方が少ないくらいの混み具合だった。

ここは特にロット的な茹で方をしていないので、待ち時間は少々長い。
しかし店内は冷房もよく効いているので不快感はなかった。

180718煮干分家1
▲本日の煮干しつけ麺・大盛(850円)。

180718煮干分家3

特に「特製」などではないのだが、三つ葉や海苔、チャーシューにメンマとナルトの乗った豪華な見た目だ。
以前は麺とチャーシューだけだったが、いつの間にかこうなった。
池袋の「狸穴」もこのスタイルになったし、最近はこうした店が増えてきている。

180718煮干分家2

つけ汁は煮干しの効いた濃厚魚介系スープ。
かなりしっかり煮干しが入っているが、その一方で臭みやえぐみはあまり感じない。
もっと煮干し臭いものを好む人には物足りないかもしれないが、一般向けにはベストなブレンドだと思う。
普通の濃厚魚介系つけ麺の感覚で食べることができるからだ。

東口の本家と比べて太く多加水度が高い麺は、濃厚なつけ汁にしっかり絡む。
大盛で300グラムはあるはずだが、最後まで飽きることなく食べられてしまう。

柚子パウダーが足されるスープ割りをお願いして完飲した。
器の底に貯まった煮干しの粉末が、その濃厚さを物語る。

18時半近くになっても、この時期はまだ空が明るい。
そんなタイミングに訪れる大宮の繁華街は、なんとなくワクワクする。

【今日のまとめ】
珍しく、特盛にすればよかったという気持ちになった。


というわけで。
  1. 2018/07/18(水) 15:44:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

本家 第一旭 たかばし本店

今池の「味仙」で台湾ラーメンを食べた後、今池の駐車場を出発し、
名古屋高速から東名阪道を通って名神に入り、大津サービスエリアで4時まで仮眠した。

大津を出ていつもの出町駐車場に到着、駐車し、駐車場から出て糺ノ森を散歩する。
平日早朝の糺ノ森は当然ながら人がほとんどおらず、空気も澄んでいて快適だった。

出町柳駅まで戻り、京阪電車で東福寺まで向かい、そこでJRに乗り換えて京都駅で下車。
お目当ては毎度の「本家 第一旭」だ。

まだ7時前だったが店外には3人の並びがあった。
朝から開いているラーメン屋が少ないというのと、その有名店ゆえによるのが両方だろう。
それほど待たずにテーブル席に相席で案内され、「ラーメン」を注文する。

IMG_4998.jpg
▲ラーメン(700円)。

乳化ぎみの醤油スープに九条ネギがたっぷり乗った京都ラーメンの王道的なルックスだ。

IMG_4999.jpg

チャーシューで隠れた麺を箸ですくい上げ、よく冷ましながら食べる。
チャーシューと油により熱が閉じ込められているので、いきなりすすると熱いのだ。
デフォルトでも硬めに茹でられた麺は歯ごたえがよく、かん水の風味が心地いい。

すっきりした醤油スープは甘みと塩辛さが同居し、朝の目覚めの一杯にふさわしい。
薄切りのチャーシューをこのスープに浸して食べるのがこの上ない幸福だ。

今回は完飲はしなかったが(前日夜に台湾ラーメンを完飲したことも大きい)、胡椒やコチュジャンを入れつつ半分以上飲んで完食した。

オレの中では、京都に来ると必ず食べたいものといえばこの「第一旭」の本店のラーメンで決まりだ。
名物というのもあるが、単純にうまいし、立地もよく訪れやすい。
旅行記を書きながら次回のことを考えるなど気が早すぎるが、次回京都に訪れた際も、オレはきっとこのラーメンを食べることになるだろう。

【今日のまとめ】
新福も好きだが東京にもあるので。


というわけで。
  1. 2018/05/28(月) 19:01:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

味仙 今池本店

木曜、今池のサウナ「ウェルビー今池」で休憩したあと、
21時過ぎにサウナを退館し、「味仙 今池本店」に行った。
ウェルビーから味仙は徒歩で数分の距離にある。

オレは味仙には何度か来ているが、今池の本店に来るのは初めてだ。
小奇麗で広い店内はサラリーマンや学生らしき若者で賑わっていて、いかにも大衆的な中華屋という装いだった。

実は、オレが好きな「台湾丼」は本店にはない。
なので、今回は看板メニューの台湾ラーメンと、そのほかに麻婆豆腐を注文した。

IMG_4991.jpg
▲台湾ラーメン(650円)。

IMG_4992.jpg

小ぶりの丼に入った真っ赤なラーメン。
辛さ控えめの「アメリカン」ではないので標準的な辛さだが、標準がかなり辛い。
熱いこともあり、一気にすするとむせることになる。
蒙古タンメン中本の北極ほどの辛さではないが、油断してかかると大変なことになるだろう。
もちろん、単に辛いだけのラーメンではない。
しっかりした麺に辛い醤油ベースのスープが絡み、そこに台湾ラーメンを台湾ラーメンたらしめるミンチ肉が加わる。
純粋にラーメンとしてのレベルが高いからこそ、名物として愛されているのである。

IMG_4994.jpg
▲麻婆豆腐(700円)。

麻婆豆腐は矢場の味仙のそれとは違い、辛さが控えめの優しい味のものだった。
辛いものを期待していたとはいえ、台湾ラーメンが辛いのでこのくらいでちょうどよかったとも言える。
柔らかい絹ごし豆腐の舌触りが心地よく、大満足で平らげた。

味仙を出て駐車場に戻り、京都に向けて出発する。
京都でいつも駐車する出町駐車場は4時半まで開かないので、例によって大津サービスエリアで仮眠することにした。
新名神がリフレッシュ工事中だったことによる渋滞が多少あったが無事に大津に到着し、アイマスクと耳栓を装着して眠った。

【今日のまとめ】
カエルの唐揚げはちょっと怖い。

というわけで。
  1. 2018/05/27(日) 10:53:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麺堂 稲葉

久々に地元古河の「麺堂 稲葉」に行った。
開店15分ほど前の到着で2組目だった。

いつものごとく開店してすぐにカウンターに案内され、そこから10分ほどでの提供。
並んでいる間に注文を訊かれるので、提供もスムーズだ。

IMG_4972.jpg
IMG_4971.jpg
▲鶏白湯つけめん(国産小麦麺・大盛り)+鶏だんご(1050円)。

今回は久々ということもあり、定番の「鶏白湯つけめん」を注文し、麺をプラス50円で国産小麦麺に変更した。
メニューを見ていてトッピングの「鶏だんご」がきになったので、それも追加してみた。

相変わらず味にブレはなく、
濃厚な鶏白湯のつけ汁と、歯ごたえが抜群で水気のしっかり切られた極太麺の相性が絶妙だ。
柚子と生姜の味がいいアクセントになり、程よい脂っぽさがありながらも最後まですっきりと食べられる。
鶏だんごはつけ麺のトッピングにはいい意味で似つかわしくない上品な味で、鍋料理にでも入っていそうなものだ。
そのまま食べても味がありうまいが、つけ汁にもしっかり合っていた。

最後にスープ割りをお願いし完飲。
まるでポタージュのような飲み口は今回も素晴らしかった。

ちょうどつけ麺が提供され、いざ食べ始めようというタイミングで、
店内で流れているB'zのライブ映像の中の稲葉浩志が「B'zのLIVE GYMへようこそ!」と叫び、「裸足の女神」の演奏が始まった。
このB'zファンとしての熱さと味の上品さが両立する実に稀有な店である。

【今日のまとめ】
食べながら映像を見る余裕まではない。


というわけで。
  1. 2018/05/22(火) 22:07:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: