FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

タチカワボールペン号

高須院長、馬名拒否で激怒「なめとる!」|Yahoo!ニュース

高須院長の「イエスタカス」という馬名が却下されたとしてニュースになっているが
【10/8追記】高須院長自身が事実誤認であったことを認めた模様。
これがそれに該当することの是非はさておき、広告馬名が却下事由となっていることは周知の事実である
(他に、人名なども駄目だ)。

しかし、かつてはそうした馬名も認められていた時代があるという。
昔読んだ何かの本で、井崎脩五郎が「昔、『タチカワボールペン』という馬がいてね」という話をしていた。
最初は井崎センセイがコラムでよくやるわかりにくい冗談かと思ったのだが、
検索をすると本当にデータベースが引っかかって驚いた記憶がある。

今回のイエスタカス(関係ないが、スパルタカスみたいでかっこいいと思う)の件で
このタチカワボールペン号のことを思い出し、久々に検索してみた。
すると、かつて「立川ペン先」であった現立川ピン製作所のサイトが出てきた。

TACHIKAWA タチカワの歴史

ここにタチカワボールペン号の記述がある。

その後、「タチカワペン」の名でペン先のシェアーは日本の6割を超え、
現在でも競走馬「タチカワボールペン号」は伝説になっていて、
初代、立川俊武社長もまた、今は、禁止されている、日本で最初に競走馬に商品名を付けた先駆者であった。


勝手に伝説になっとる。
しかも(この記述が本当であれば)立川社長が最初の商品名馬名の名付け親らしい。

タチカワボールペンは1961年生まれだというが、
おそらく広告馬名が禁止されたのはそこまで最近ということでもないと思われる。
確証がなく申し訳ないが、おそらく70年代には既に禁止されていたのではないだろうか。
そうすると、少なくとも「"有名な"広告馬名」という括りでいえば
このタチカワボールペン号が最初で最後の馬なのかもしれない。

「モチ」とか、最近では「ハツガツオ」などという馬もいたが
これが馬の名前かよ!という馬名はいつの時代も存在するものなのだ。
そして、そうした「馬とは思えない馬名」と広告を両立させてしまった
タチカワボールペン号は、ある意味で競馬史に残る名馬である。

【今日のまとめ】
ぴったり9文字なのも素晴らしい。


というわけで。
  1. 2014/10/07(火) 21:06:14|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Eclipse first, the rest nowhere. | ホーム | 凱旋門賞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/974-7454ab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: