FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

凱旋門賞

結果は知っての通りで、トレヴは本当にロンシャン競馬場との相性が良い馬だと言うほかない。
去年と同じく、「日本馬がこういう競馬をしていれば勝てた」という次元の競馬ではなかった。
普通なら、GIレースの三連覇について語るのはまず夢物語でしかないが、
この馬がもし来年も凱旋門賞に出てくるならば、それも笑って済ませられる問題ではない。
このレースを勝つには、強い日本馬を連れて行くよりも
トレヴがターフを去るのを待つことが先決だろう。

ハープスターは見ていて歯がゆいレース振りだった。
後方待機を叩く意見も多いが、それ自体はひとつの腹のくくり方としてはありだろう。
しかし、内へ外へと目標の定まらないチグハグな進路取りでは、
海外制覇うんぬんではなく、レースに勝つ以前の問題だったと思う。

これだけの多頭数にあって思うようにいかなかったのは分かるが
少なくとも「自分の競馬に徹した」ようには見えなかったし
その自分の競馬に徹することに成功したオークスで敗れた馬が
中途半端な後方待機で勝利を得ることは難しい。

ゴールドシップは良くも悪くも国内と変わらないレースだった。
意図した後方待機というよりも、やはり行き脚がつかない。
国内でもコース毎の成績のムラが激しい馬だけに
能力面というより単にロンシャンの馬場が合わなかったのだろう。
このコースは良馬場と重馬場の差が激しく
前者の場合は日本に匹敵する速い馬場になる(現に、それで日本馬が好走したケースも多い)が
今回はゴールドシップがあまり得手としないその良馬場になってしまった。

ジャスタウェイは、今回出走した3頭の中では最もチャンスのある競馬をした。
多頭数の中でやや揉まれ気味になり、道中の位置取りが後ろになった点こそ悔やまれるが
直線では内を突くことに成功し、特に進路を塞がれることなく脚を使うことができた。
最後はその道中の位置取り(福永もそれに言及している)の差と
マイル戦からの転戦、そして久々のレースであることが影響したのだろう。

「現地で前哨戦を使わない」ということが良いのか悪いのかは結局分からずじまいだ。
これだけ多頭数のレースを前哨戦で経験することは難しいため、
今回の3頭がフォワ賞やヴェルメイユ賞を使っていても、騎手や馬が今回のレースを攻略できたとは考えにくい。
この問題に関しては、凱旋門賞を勝つ最初の日本馬が現れるまで保留となった。

今年のレースを見て、「キズナがいれば…」と考えた人は多いだろう。
去年の凱旋門賞後に翌年の参戦を明言しつつ、故障によりそれを阻まれたが
2015年の参戦を目指して休養を続けている。
やはり凱旋門賞を初めて制する日本人騎手はこの男か…?とは思わずにいられない。
来年に期待しよう。

【今日のまとめ】
数撃っても当たらない。

というわけで。
  1. 2014/10/06(月) 23:26:31|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タチカワボールペン号 | ホーム | 海洋堂のイモムシストラップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/973-56a08d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: