FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

横山光輝展



池袋の東京芸術劇場で開催されている横山光輝展に行ってきた。
自分は横山マンガ全てに詳しいというわけではないのだが、
「三国志」は父に読まされた(B5版の別冊コミックトムが今でも全巻家にある)し、
もちろん鉄人やジャイアントロボ、サリーちゃん、赤影、バビル2世などは一般常識程度には存じ上げている。

それに横山マンガは1コマ1コマの持つ説得力・汎用性が非常に高いので
インターネット上でしょっちゅう目にする(実際、某SNSのスタンプにもなっている)し、自分も使っている。
そんな横山マンガの原画を近場で、しかも無料で見られるとあらば行く以外にない。

展示は撮影禁止なので写真は上記の入り口のパネルのみだが、
中は「三国志」をはじめ、上述した作品の複製原画(一部実物)が数多く展示されている
(原画・資料含めて計73点)。
複製原画といえども、額装されたものを目で見る分にはほぼ本物(言われなければ、いや言われても分からない)で
単行本やネット上のjpegで見るのとは全く違う本物の「三国志」に感動する。

原稿だけでなく横山先生が生前愛用した執筆道具やメガネの実物も展示されていた。
道具を大事にする人だったそうで、使い込まれたペンに巨匠の魂を感じた。

他には同時代に活躍した白土三平のマンガも数点展示があり、
永井豪・荒木飛呂彦両先生のメッセージ色紙の展示もあった。
承太郎の学ラン姿はバビル2世からインスパイアされたそうである。

ちなみに、横山先生の生涯を解説する展示パネルの中に、
競馬ファンだった先生がかつて馬主として所有していた競走馬のレース写真と口取りが紹介されていたが
なんとこのレース写真、貴重な府中右回りレースのもの
(70年代後半まで、東京競馬場では左回りのみならず右回りのレースも行われていた)。
本筋とは関係ないが、競馬ファンにとっては興味深い写真である。

公式グッズとして絵皿やクリアファイルなどが売られていた。
自分は図録を購入。

横山光輝展

するとこんなショッパー(袋)に入れてもらえた。
上で「1コマ1コマの持つ説得力・汎用性が非常に高い」と言った意味がよく分かってもらえると思う。
展示は18日までとのこと。
アクセスも良いし、無料なのでぜひ行ってみてほしい。

【今日のまとめ】
ジャーンジャーン。

というわけで。
  1. 2014/10/04(土) 20:44:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海洋堂のイモムシストラップ | ホーム | 夢日記(2014/10/3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/971-1cbceb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: