FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

三田製麺所の「灼熱」

先日御茶ノ水の三田製麺所に久々に入った際、
「灼熱」といういかにも辛そうなメニューが8/2から始まるとの掲示がされていたので、
下手の横好きというのだろうか、「辛いものが苦手なのに好き」という困った嗜好を持つ自分としては
一度は試さずにはいられず、昨晩再び立ち寄って注文した。
辛さは1~3、そして「極限」があり、
ビビって食べられずに残しても悪いので、とりあえず1辛で注文。




こんな注意書きの札とともにウェットティッシュが二枚提供される。
口拭き用と汗拭き用だそう。マジかよ。

140804灼熱1
▲灼熱・1辛・中。830円。

ん?そんなに変わらない?という感じの見た目。
赤いラー油は通常の辛つけ麺でも載っているし…

140804灼熱2

しかし、注意書きの札にも書いてあったように
海苔の上に載っている茶色い粉末は魚粉でなく激辛パウダーだ。
Twitterなどで3辛や極限を注文している人の写真を見るに、辛さレベルはこの粉の量で調節しているらしい。
なので、たとえ1辛であってもこの粉がダメな人はもうダメということになる。

意を決して粉をかき混ぜて食べる。
割と辛い!
しかし、1辛だからか、「かなり辛い部類ではあるけど普通に食べられてうまい」という域。
一口目からむせ返る中本の冷し味噌や高木やのつけ麺には及ばなかった。
しかし、激辛パウダーは辛さと苦味が両方ある唐辛子系の粉なので、
3辛や極限にするとおそらく中本や高木やに似てくると思う。俺はやめとこう。

ここは元のつけ汁・麺がかなりうまいので
(何度も書いているが、他店舗展開とは思えないほどしっかりしている)、
ただいたずらに辛いのではなくてしっかり「辛旨」しているのがいい。
2辛以上を頼む勇気はないけど、1辛ならまた食べてもいいかな。
夏季限定なのでおすすめ。

【今日のまとめ】
目に入ったら死にそう。


というわけで。
  1. 2014/08/05(火) 20:46:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<イナバウアーみたいに反るキアゲハ | ホーム | 関内二郎の汁なし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/911-9d51198b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: