FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

他人を攻撃せずにはいられない人/片田珠美



以前に「良心をもたない人たち」という、主にサイコパスについて書かれた本を紹介するエントリを書いた。
そこでは、本自体の内容について触れるとともに
「もしそのような相手に遭遇してしまったら、逃げるという選択肢がある」という
防衛策を知るためにも良い本である、という筋のことを書いた。
今回紹介するこの本も、そうした観点からおすすめする本である。

この本は新書であるため内容は比較的平易で、
タイトルの「他人を攻撃せずにはいられない人」というのも、その内容をある程度的確に表している。

社会には、他人を攻撃(口撃)し、その相手の集団内における評価を低下させたり、
あるいは自信を喪失させることでしか満足感を得られない人がいる。
そうすることで、相対的に、集団内において自己が優位に立つことができるからだ。

この本の中では、そのような人が具体的にどのように「(他人を陥れる)工作」を行うのか、
我々はなぜそうした人に抵抗できなくなるのか、どうして彼らがそんなことをするのか、等について触れたあと
最終章で「処方箋」として、そのような人に遭遇してしまった場合の対処法を示している。
詳しくは読んでもらうほかないが、やはり「逃げる」という選択肢が中心だ。

向こうは理解してくれるというのは幻想だ、という旨のことも書かれているが、
そこにはやはり、明文で「サイコパス」(あるいはその他の人格障害)とこそ書かれていないものの、
彼らのそうした攻撃性が後天的なものでなく、生まれ持った反社会的人格であるという理解が根底にあると考えられる
(著者の片田氏は精神科医だから、そうした知識についても富んでいるはずである)。
上記エントリでも触れたように、彼らのそうした攻撃性が先天的な人格である場合、
我々が彼らのようになれないのと同様、彼らは我々のようになれない。
だから、それを残念と思う人もいるかもしれないが、
逃げる(あるいは、避ける)しかない場合が確かに存在するのである。

彼らは「7つの習慣」における人格主義の観点からみても、できるだけ近寄るべきでない存在である。
原則中心には程遠く、常に「敵中心」のパラダイムで行動しているため
相手がうまく自分の工作にはまっているかどうか、相手の評価が低下しているか「だけに」集中し続ける。
信じがたいことに、彼らにとっては、Win-WinやWinよりもLose-Loseに持ち込む方がより良い選択肢である。
たとえ自分がLoseになろうと、相手が負けることの方が、自分が勝つよりも彼らにとってはるかに重要だからだ。
こうした価値観をもつ人間と理解し合うことは、仮に不可能ではないにしても、極めて難しいだろう。

「まず敵を知る」ということは、あらゆる局面において重要である。
起こりうる危険を知った上ではじめて取ることのできる対策は数知れない。
そうした意味で、ぜひ一読をすすめたい一冊だ。

【今日のまとめ】
インターネットを楽しむ上でも今や重要。


というわけで。
  1. 2014/07/17(木) 22:08:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<トーニャハーディング「spa wars」MV | ホーム | 日清の「麺の達人 つけ麺」がめっちゃうまい話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/892-76d81347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: