FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

広島二日目・その4(入船山記念館)

てつのくじら館を出ると早歩きで入船山記念館まで。
自分の時間そのものには余裕があっても、この手の施設は閉館時間があるので厄介だ。

入船山記念館1

入館料は大人250円だが、大和ミュージアムの当日のチケットがあると200円で入れる。

例によって人は少なく(というか自分一人)、
普通ならグループに対して付くであろう観光ボランティアの方がマンツーマンで解説してくれてありがたかった。

入船山記念館2

歴史民俗資料館、郷土館などの博物館的施設もあるが、目玉はやはりこの旧呉鎮守府司令長官官舎。
1905年の竣工時の姿に復元されたもの
(復元前がどんな感じだったのかは調べてもいまいち分からない…)だそうで、中にも入ることができる。

入船山記念館3

このように洋館部と和館部がくっついている面白い造りで、見学の際は和館部から靴を脱いで入る。
中は広い和室だが、下からの侵入者を防ぐため、畳なのに床下が埋まっているとか、
天皇の侍従など大量の来賓が来てもいいように廊下まで畳張りになっているとか、面白い造り。

入船山記念館4

洋館部の方はまさに豪華な洋館としか言いようのない造り。
この部屋(これは客室)では定期的に演奏会をやっているそうだ。
壁紙は「金唐革紙」という珍しいものらしく、なるほど美しいながらも確かにあまり見たことがない
(翌日再度大和ミュージアムに行った際、この壁紙の柄の手ぬぐいが売っていて、思わず買ってしまった)。

昔この辺りは浦だったそうで、近代になって埋め立てられて現在のような地形になったという。
この小高い入船山はそうした歴史の生き証人であるわけで、
わかりやすい自分はロマンを感じずにはいられないのだった。

入船山記念館を出ると、呉駅に戻って広島市内に戻る。
続きはまた明日。

【今日のまとめ】
やっぱり畳は落ち着く。

というわけで。
  1. 2014/06/27(金) 21:14:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広島二日目・その5(薬研堀・八昌) | ホーム | 広島二日目・その3(大和ミュージアム・てつのくじら館)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/872-1096888a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: