FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

広島二日目・その2(江田島・軍艦利根資料館)

第一術科学校を出ると、タクシーで軍艦利根資料館へ向かう。
その名の通り、重巡洋艦「利根」の資料館を展示する施設だ。
能美海上ロッジという国民宿舎に隣接する施設で、距離にして9kmほどあり歩いて行くのは難しい。
バス路線も一応存在するが本数が極端に少ないため、タクシーかレンタカー等で移動するのが良いだろう。

今回はスケジュールの都合もあり、江田島では第一術科学校とこの利根資料館を見学しただけに終わったが
江田島にはその他の戦争史跡もあり、また呉の観光スポットも徒歩で回るのは厳しい場所が多いため、
「呉でレンタカーを借り、フェリーで江田島に来る」という方法が良いのかもしれない。

タクシーで15分ほどして到着。

利根資料館1
▲利根のものかは不明だが、外に錨とスクリューが展示されている。

入り口に「入館の際には海上ロッジフロントまで」と書かれているが
いざフロントに行くと、「開いているので自由に見ていいですよ」と簡単な返事だった。
なので実際はそのまま入ってしまっていいのかもしれない。
中は無人で入場は無料。寄付を募るような箱もなかったように思う。

利根資料館3

昭和50年代に有志が作った利根の精密な模型が真ん中に置かれ
周囲には遺族や関係者から寄贈された利根関連の資料が展示されている。

利根資料館4

旧海軍兵学校の屋根瓦と利根の浴槽。
海上では真水は貴重なので、海水を使いボイラーで下から温めて入っていたのだろう。
当時の乗組員の生活が垣間見える気がする。
今回他に見た教育参考館や大和ミュージアムにはこうした軍艦の浴槽の展示はなかったはずなので、なかなか貴重なものかもしれない。

利根資料館5

資料館には「利根公園」という小さな公園が隣接していて、利根の戦没者慰霊碑がある。
真珠湾攻撃やミッドウェー海戦をはじめとする主要な戦闘に数多く参加し、最後は呉(まさに能美のこの地である)で対は着底した利根。
その英霊を称えるにふさわしい、小さいながらも綺麗に整備された公園だった。

アクセスが良いとはいえないが、せっかく江田島に来たのならぜひ寄りたい場所である。

【今日のまとめ】
同人イベントのポスターのメインも利根だった。


というわけで。
  1. 2014/06/25(水) 22:59:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広島二日目・その3(大和ミュージアム・てつのくじら館) | ホーム | 広島二日目・その1(江田島)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/870-7b2b4087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: