FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

モンテ・クリスト/熊谷カズヒロ

モンテ・クリスト|集英社グランドジャンプ豪華連載陣
(上記リンクより第0話試し読み可能)



※以下、おそらく全くのネタバレがないわけではない。
俺はそういうものを気にしないタイプなので無意識に書いてしまっていそうだが
致命的なものはないはず。

Twitterで熊谷カズヒロ先生の「サムライガン」の話を出したら
いま熊谷先生はこの「モンテ・クリスト」という漫画を書いているということを教えてもらい、
単行本が1巻だけ出ていたので即購入。

デュマの「岩窟王(モンテ・クリスト伯)」をモチーフにした話で、世界観や主要な登場人物の名前はそれに準じている。
しかし、脱獄した主人公が何らかの神的存在から驚異的な能力を授かった点(1巻時点では詳細は不明)、
物騒な研究をしている機関が黒幕として存在しているらしい点、
そして舞台が19世紀である点など、
「サムライガン」にも通ずるSF時代劇(今回の舞台はヨーロッパだが)的なエッセンスに溢れている。

目で見ているだけなのに鼓膜に焼きつく錯覚すら感じる独特な擬音の書き文字、
極度にデフォルメされた躍動的な(ある意味読者を選びそうな)アクション描写、
女性キャラの、狙っているのかそうでないのかなんともいえない性的魅力など、
過去作品でも感じられた熊谷マンガならではの良さが、進化しつつも良い意味でそのまま残っている。

そして、サムライガンでも描かれた、「(性欲を失ったわけではない)性的不能者の悩み」
(悩んでいる描写は1巻の段階ではまだないが)。
エドモン・ダンテスが拷問により去勢される描写は原作にはないはずなので、
これは意図的に加えられた翻案で、きっと後々に生きてくる設定なのだと思う。
サムライガンたちは「性欲を戦闘本能に置き換える」というシステムで暗殺者としての能力を発揮していたが
本作のモンテ・クリストにおいて、主人公が不具であることがどう影響するのか楽しみだ。

「サムライガン」は10年前にアニメ化もされた。
このアニメ版は実は自分は見ていない(存在を知らなかった)のだが、
今の技術でアニメ化、あるいは実写映画化などされれば間違いなくヒットすると常々思っている
(熊谷先生自身は後日譚の漫画化やリメイクを望んでいないという噂もあるが…)。

この「モンテ・クリスト」はリアルタイムで連載中だし、
「サムライガン」も古本屋などで結構売っているので
ぜひ一度読んでみてほしい。
かなりの確率でハマる。

【今日のまとめ】
実写化マジで見たい。

というわけで。
  1. 2014/06/07(土) 23:06:29|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安田記念(反省) | ホーム | 安田記念(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/852-ddc87724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: