FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

IN A LIFETIME/GRAPEVINE

GRAPEVINE『IN A LIFETIME』|uP!!!

ビルボードライブ東京で、GRAPEVINEの「Lifetime」再現ライブを見てきた。
会場の関係もあってチケットはかなり競争率が高かったようだけど、運良く入手。
座席はカジュアルエリアだったけどそんなに遠くなく、金やん側から見下ろす感じで全員よく見えた。
終始座って見るライブというのも良い。

内容に関しては本当に「Lifetime」そのまんまなので、あらためて何を書くということもない。
普段は音源と違ったプレイをすることの多いアニキもなんとなく控えめで、
CDに近いリフやソロを弾いていた気がしたし
田中の声も、これは間違いなく錯覚なんだろうけど
それこそLifetime期のような若々しさを感じた。
「再現」と言ってもあくまでライブなので、ライブ的なアレンジは所々に見られたけれど
別にCDを再現すると明確に言っていたわけでもないし、当時のライブを再現しているのかもしれず
そこも味として面白かった。

早く到着したので、開演前に物販で購入したツアーパンフ(zine)を読んでいたのだが
その中の西原誠のインタビューによると、「25」という曲名は、25歳という意味らしい。
田中和将の当時の年齢だという。
自分もつい数日前に25歳になったばかりだが
同い年でこんな曲を作っていたのかと思うと、尊敬もあり、少しの妬みも覚える。

それはさておき、「Lifework」という甘いラブソングから、失恋ソングと思しき「25」の繋ぎは何回聴いても面白い。
このアルバムの構成で最も好きな部分かもしれない。

本編終了後には短いアンコールがあった。
立て続けに「JIVE」「空の向こうから」が演奏された。
これはいずれも西原誠の作曲した曲だ。
そして、最後の「ミスフライハイ」は亀井亨作曲であるが、これは
パンフレット中で西原が「GRAPEVINE脱退後、バインの音楽を聴けなかった時期を脱して初めて聴けた」と語る
「イデアの水槽」の曲である。
「Lifetime」を再現するにとどまらず、そういう小ネタでも楽しませてくれる良いライブだった。

【今日のまとめ】
普通にTシャツの人とかいた。

というわけで。
  1. 2014/05/31(土) 00:27:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京優駿(その2) | ホーム | 東京優駿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/844-f7f265e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: