FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

東京優駿

◎トゥザワールド
○サウンズオブアース
▲レッドリヴェール
△トーセンスターダム
△ワンアンドオンリー
☆アドマイヤデウス

何を頭で買ったらいいのか分からない混戦なので、◎は最も安定感のあるトゥザワールド。
抜けた強さがあるとは思えないが、その分展開にかかわらず必ず絡んでくる勝負強さは最上位。
血統的な問題もなく、騎手もこの春のクラシック3戦ですべて連対しているうえ
皇太子殿下を前に敬礼するにも問題ないパフォーマンスができる人間。

○サウンズオブアースは1番枠ということで外せない。
例年の1番に比べればやや劣る気もするが、前走の内容は一発があったというよりむしろ伸びしろを感じさせる走り。
距離は伸びて良さそうだし、何より今年に関してはダービー云々でなくこれまでの府中GIで1枠が好走している。

▲レッドリヴェールは休み休み走っている馬なのでGIの連戦がどうかという問題はあるが
皐月賞組に比べて一週間のアドバンテージがあるのは魅力。
そして何より、前走がGIで2着ということもあってか見逃されがちの感があるがまだ年内2戦目。
厩舎の手腕も信頼でき、出走にこぎつけた以上疲労はないと見ていい。
脚質的に外枠もさほど問題とならない。
テン乗りで頭は難しいだろうが、相手としては絶好。

△トーセンスターダムはやはり武豊というのが大きい。
「騎手で買う」という行為はともすれば蔑まれる傾向にあるが
ことダービーにおいては騎手は重要なファクター。
5勝のみならず、ブラックシェルやリーチザクラウンなど
力の一枚足りない馬を馬券圏内に持ってくる上での武豊のダービーにおける手腕は信頼していい。
もちろんディープ産駒であることもプラスだし、既に重賞も勝っていて軽視すべき要素はない。

△ワンアンドオンリーは当然人気になるだろうしやはり外せない。
ハーツクライ産駒で府中の方がより良いと思われるし、内枠を活かしたレース運びができれば複勝圏は堅い。
また上記で武豊を買うのと同じ理由でダービージョッキーの横山典というのも良い。

☆アドマイヤデウスは皐月賞3着のウインフルブルームに先着した実績もあり
鞍上はダービージョッキー岩田。
いつもの、いい意味で「空気を読まない」騎乗ぶりが期待できる。

今回は府中に生観戦に行く予定なのでいつもより多く30点ほど買ってみる。

三連複フォーメーション
1-[2,15,16,17]-[4,13,16](4・3=12点)

ワイド・ボックス
1,2,5,16,17(10点)

ワイド・流し
5-4,8,10,11,13,18(6点)

単/複
17(各1点=2点)

トリガミがあっても当てたいようなレース。
殿下やTOKIO効果で盛り上がりも凄そうなので今から楽しみだ。

【今日のまとめ】
帰りの電車賃はもうチャージしておく。


というわけで。
  1. 2014/05/29(木) 20:55:58|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<IN A LIFETIME/GRAPEVINE | ホーム | 25と36>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/843-92ab473c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: