FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

誰も書かなかった 武豊 決断/島田明宏



知人から頂き、以前から読みたかったこともあり
(じゃあ自分で買えよと突っ込まれそうだが、他に読んでいる本があって積極的に買えなかった)
頂いて一日と経たずに読了。

自分が武豊ファンだからというのも大きいだろうが、「やっぱり武豊って凄いな」という感想に尽きてしまう。
武の若手時代から現在まで親密な交流のある著者が、自らの見聞や豊富な資料を元に
武豊の出生から現在までのエピソードを綴った本。

「武邦彦の息子」としてのデビュー、スーパークリークやオグリキャップとの出会い、
早くからの海外遠征、ダービー制覇、骨盤骨折からの驚異的速度での復活、
アドマイヤとの断絶、そして毎日杯での事故、低迷から這い上がってのダービー5勝・GI100勝…
載っているエピソード自体は、競馬ファン、武豊ファンであればいずれも知っているものばかりだ。
しかし、これらが一人のライター(そして友人)の手により網羅的に一冊の本にまとめられると
既知のエピソードであっても重みが違う。

特に海外遠征のエピソードは、島田氏自身が多く現地に帯同していたこともあって臨場感があり、
割かれた文字数こそ多くないものの新鮮に感じる。
日本でもまだ「若手」で、海外では名前すら知る人間も満足にいない状態から結果を出し
活路を見出していった武の第一人者としての活躍は
現在の武豊、そして日本の競馬界を知っているにもかかわらず
まるでヒーロー物の小説を読んでいるかのようなワクワク感がある。

島田氏の文章が良いのはさることながら
やはり武豊という人間の持つ魅力がきっとそのワクワク感を与えてくれるのだろう。
腕で武豊に並ぶ騎手はいるかもしれないが
そのカリスマ性、立ち振舞いで彼に比肩する騎手は見たことがないし、今後も現れないだろう。
それは一方で「武が引退したら競馬界はどうなってしまうんだ」という不安をももたらすのだが
本書でも武が語っている「還暦まで騎手を続ける」という言葉が
それを打ち消してくれる。まだまだ大丈夫なのだ。

2010年の怪我以降落ち込んでいた勝利ペースも最近は回復し始め
今年は一日の騎乗数も大幅に増え、リーディングジョッキーも充分射程圏内だ。
武がトーセンスターダムで挑むダービーデーを前に、
そんな彼の活躍を振り返る意味でぜひ一読してはどうだろう。

【今日のまとめ】
ダービーはトーセンスターダム軸でも良い。


というわけで。
  1. 2014/05/27(火) 21:02:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<25と36 | ホーム | 振り返れば奴がいる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/841-a15f68c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: