FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

トウケイヘイローはサイレンススズカの夢を見るか/中山記念

何だかんだ、今のところ今年一番楽しみなレースが中山記念。
理由は端的に、「武豊の乗る強い逃げ馬」が好きだからだ。

サイレンススズカやスマートファルコン、
最近で言えば力は一枚落ちるがベルカント辺りか。
逃げ切る時の武の騎乗ぶりには、
他の騎手のそれに見られるような必死さをあまり感じない。
もがいて何とか逃げ切るという感じでなく、きわめてスタイリッシュな勝ちぶりに写るのである。
それが馬を実際以上に強く見せ、見る者の夢を広げる。

トウケイヘイローは昨年重賞4勝+海外GI2着という良績を収め
重賞4勝のうち3勝が武豊の騎乗によるもの。
武が乗って2戦目(正確には2歳時に一度乗っているので3戦目)から現在のような本格的な逃げ戦法を打ち出し
後は知っての通りの成績を挙げている。

ここで思い出すのは、年齢こそ一つ違うものの
トウケイヘイローと似た戦績を辿ったサイレンススズカである。
あの馬も、秋天での惨敗→香港での好走、
そして(サイレンススズカはOP特別を一戦挟んだが)中山記念、というローテーションだった。
当時サイレンススズカは中山での勝ちがなく
坂のあるコースがどうか、と言われていた記憶があるが
難なく克服して逃げ切った。
そしてその後の活躍は、あの悲劇も含めてもはや言うまでもない。
しかしこの頃はまだ、彼があれほどの実力を秘めた馬だと確信していた人は少なかったように思う。

その快速ぶり、鞍上武豊、ローテーションが
トウケイヘイローをそのサイレンススズカと重ねさせる。
逃げながらも直線で比較的速い上がりを繰り出して後続に差を詰めさせない「逃げて差す」戦法もよく似ている。
トウケイヘイローはドバイ遠征が決まっているようだが
ここを華麗に逃げ切ってその叩き台としてほしいところだ。

ちなみに、サイレンススズカが勝った1998年の中山記念の2着は名脇役ローゼンカバリー。
鞍上は横山典弘。
今回は騎乗停止となった福永祐一に替わって天皇賞馬ジャスタウェイに騎乗する。
また、サイレンススズカに次ぐ2番人気は(当時における)一昨年の皐月賞馬イシノサンデーだったが
今年は昨年の皐月賞馬ロゴタイプが参戦する。

実績的にはジャスタウェイが一番ということになろうが、
どことなくレースの雰囲気も1998年に似ている。
オリンピックイヤーという点でも同じ。
サイレンススズカの再現なるか、注目したい。

【今日のまとめ】
通過順位1-1-1こそが至高。


というわけで。
  1. 2014/02/25(火) 20:55:10|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これ5-4まとめ | ホーム | ナミアゲハの越冬蛹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/750-7866c076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: