FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

スイムタオルでサウナに行く

スイムタオルはサウナーに向いている、という話をどこかで目にしたので、Amazonで購入した。



購入後しばらく、タオル備え付けのサウナに行く機会が続いたので、
きょうになってようやく、
地元のスーパー銭湯(タオルが有料なので、いつも持参している)にて実戦投入した。

スイムタオルというのは、早い話が合成のセーム革である。
洗車などで使うものと同じで、
吸水性に優れており、濡れた箇所に当てるだけですぐに水を吸い取る。
水はけがよく、絞るとすぐに乾燥するので、再び水を吸い取ることができる。

スイムタオルの名の通り、水泳をやっている人はこれを身体の水分を拭き取るのに使うが、
銭湯愛好家やサウナーは、そこに目をつけたのである。
身体が濡れるという点では、水泳も入浴も同じだからだ。

実際に使ってみると、これはなかなかいい。
サウナ前にシャワーで身体を清め、濡れた身体にスイムタオルを当てる。
通常のフェイスタオルとは異なり、拭くというよりは「当てる」感覚だ。
当てた部分の水滴や汗はすぐに吸われる。

スイムタオルが水を吸い重くなってきたら、絞って再び身体に当てる。
これを何度か繰り返せば、すぐにサウナに入れる状態となる。
サウナから出て水風呂に入ったら、同じことを繰り返す。

これだけならフェイスタオルとそれほど違わないが、
スイムタオルの利点は、すぐに乾くという点だ。
入浴が終わり濡れたタオルを持ち帰るには、ビニール袋を幾重にも重ねる必要があるが、
スイムタオルは撥水性がいいため、付属のケースに入れる程度で十分だ。
家に帰って10分も干せば、すぐに次回また使える状態になる。

なるほど、これは銭湯愛好家やサウナーには欠かせないアイテムだ。
なんなら、フェイスタオル備え付けのサウナでも、別途持ってきていいくらいかもしれない。

カラーバリエーションも豊富で、
水泳用なので、ミズノ以外にもスピードやアリーナなどいくつもブランドがあり、どれもロゴが入っていてかっこいい。
おしゃれさと実用性を兼ね備えたこのスイムタオル、持っていて損はない。

【今日のまとめ】
OLDCODEXが脳内再生される。


というわけで。
  1. 2019/08/25(日) 22:09:11|
  2. サウナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一人でテレビを見て笑う | ホーム | 亀井の成長>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2756-c6cf9653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: