FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

若手騎手へのチャンス

先日、藤田菜七子騎手がGIレースに騎乗したことがニュースになっていた。
もちろん女性騎手だからこそ注目されたというのは大きいのだが、
いち競馬ファンとしては、単純に、若手騎手がGIレースの人気馬に乗り、
負けはしたが好成績を残したということに興奮を覚えた。

ここ数年、いや10年近く、若手が大レースに出たり、勝つということがほとんどない。
藤岡康太が20歳でNHKマイルカップを勝ったのも、もう10年近く前だ。

かつては、武豊や横山典弘、田中勝春や松永幹夫、岸滋彦、そして岡潤一郎など、デビュー数年のうちに大レースを勝利する騎手が大勢いた。
2000年代に入ってからも、和田竜二や渡辺薫彦など20代前半の若手騎手がクラシックを賑わせた。

だが、ここ数年は、そういう機会がまったくない。
オレと同い年の三浦皇成は、いまだにGIを勝てていない。
一昨年に松山弘平が皐月賞を27歳で勝ったが、それが平成生まれの騎手の初GI制覇であり、その後は誰も勝っていない。

それは外国人騎手の台頭やベテラン騎手の活躍の長期化、
エージェント制による有力馬の囲い込みなど、いろいろな理由がある。
オレは、それを否定したいわけではない。

だが、決して腕がいいとは言えない若手が大きいレースを勝ち、そこから成長するという場面をオレは見たい。
騎手の巧拙も予想の重要なファクターなのだから、それを楽しんでもいいはずだ。

今回の藤田菜七子の騎乗は、まさにそうした楽しみを与えてくれた。
満点の騎乗ではないかもしれないが、
馬の特性を理解し、レース展開にも賭けたいい騎乗だった。
結果的にペースは流れず負けてしまったが、もしペースが速くなればもっと上位に食い込めたかもしれない。
GIを勝つには、そうした賭けも必要だ。

初騎乗のGIで良いレースをしたことで、彼女は今後もGIで乗る機会をもらうことになるだろう。
去年あたりから、競馬ファンの間では、
もはや彼女はアイドル的存在でなく、ひとりの有力な若手騎手として注目されている。
その流れは、さらに加速するはずだ。
彼女以外の若手騎手にも、大レースに騎乗するチャンスがより多く与えられることを期待したい。

【今日のまとめ】
あらためて分かる熊沢のすごさ。


というわけで。
  1. 2019/02/21(木) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬場の仕事帰りは、銭湯に行く気がしない | ホーム | サウナと花粉症>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2572-62e50b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: