FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

麺堂 稲葉

先日、境の「御老公の湯」に行った帰り、車でそのまま夕方過ぎに「麺堂 稲葉」へと向かった。
17時40分過ぎの到着でギリギリ店外の待ち椅子に座ることができた。
日曜ということもあり、開店前から盛況だ。

18時の開店と同時に入店し、カウンターに座り待つこと15分ほど。

181216稲葉3
▲煮干つけめん(850円)・大盛(100円)+全部のせ(350円)。

今回は確か二度目の煮干つけめんを注文。
国産小麦麺にすると日曜はあつもりしか頼めないので、ノーマル麺にした。
そして、前回友人が注文していて気になった「全部のせ」トッピングを初めて追加した。

181216稲葉1

全部のせの麺の上には、煮玉子とメンマ、
そして豚・鶏のチャーシューがトッピングされている。

181216稲葉2

そして、鶏白湯スープに煮干ダレが追加されたつけ汁。

久々のノーマル麺だが、小麦の風味はこちらでも十分楽しめる。
食感もよく、国産小麦麺との違いは好みの問題であってどちらが上ということでもなさそうだ。
つけ汁の煮干ダレはかなりえぐみがあって人を選びそうだが、
鶏白湯の甘みが混じってくるので、食べていてつらくはない。

トッピングで特筆すべきはやはり鶏チャーシューだ。
ささみのような独特の噛みごたえある食感で、
やや淡白な味なのだが、濃いつけ汁にはちょうどいい。
半熟の煮玉子の黄身をつけ汁に溶かしつつ、この鶏チャーシューを浸して食べると実にうまい。

スープ割りして完飲... とはいかず、
つけ汁の底にたまった煮干エキスはさすがに苦かった。
もっとも、煮干マニアにはこのくらいでないと物足りないのかもしれない。

この煮干つけめんはいつ終了するかわからないレギュラー外メニューで、
限定ではないが、煮干ダレがなくなったら終わりなのだと思う。
ベースの鶏白湯がハイレベルなだけに、これを煮干とのブレンドで食べることができるのはうれしい。
やはり、名店は何を食べてもハズレがない。

【今日のまとめ】
でも次回はノーマルつけめんにしたい。


というわけで。
  1. 2018/12/24(月) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<言葉を大事にする | ホーム | 前の人が降りない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2513-b4c17076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: