FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

騎手たちの距離誤認

先週土曜日の新潟の競馬で、山田という新人騎手がレースの距離を間違え、無期限の騎乗停止処分になった。
要するに、長距離のレースで、まだもう一周あるのに、一周目でゴールしたと思って馬を止めかけてしまったのである。
過去の例からしても処分はいずれ解除されるだろうが、それが一定の長期にわたることはやむを得ないだろう。

前代未聞の事件のように思わせて、こうした事例は日本だけでも数度起きている。

戦時中の1944年に行われた菊花賞では、すべての出走馬がコースを間違えて(つまり距離も間違えて)しまい、競走が不成立になったという事件があった
(もっともこれは、主催者が使用コースの変更を十分に周知していなかったことによる人災という側面もある)。

また、昭和後期には、ある騎手が、東京競馬場に当時存在した右回りレース用のゴール板を左回りのゴールと誤認してそこで馬を止めてしまい、やはり長期の騎乗停止になっている。

有名な例が、アメリカの名手ケント・デザーモが、1993年のジャパンカップで、残り100メートルの標識をゴール板と誤認して手綱を緩めてしまったというものだ。
前述の例も合わせ、これも広い意味では距離誤認に含まれるだろうし、
デザーモは同日の午前中のレースでも同じミスを犯した(という疑いがある)ので、
現在であれば、油断騎乗を理由とする、より重い制裁が加えられていた可能性もある。

もっとも有名な例は1997年のステイヤーズステークスであろうが、これは諸説あるので、気になった人はYouTubeなどでレース映像を確認してほしい。

こうして見てくると、レース距離やゴール板の誤認は、やはり前代未聞ではなく、定期的に起きてしまう事象のように思われる。
公正競馬のためには絶対に起きてはいけないことだが、
そうはいっても、競馬が人間のプレーによる競技である以上、やはり起きてしまうということだ。

関係ない話だが、オレも以前、高速道路を走っていた際に、出口と間違えてその手前のバス停に侵入してしまったことがあった。
そこにバスは停車していなかったので事故は免れ、そのまま本線に戻ることができたが、あわや事故という出来事だった。
許されることではないが、それとは別として、実際にそういうことが起きてしまうという事実は、常に頭の片隅に置いておかなければならない。

【今日のまとめ】
馬が無事だったのは何より。


というわけで。
  1. 2018/10/17(水) 20:00:00|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<競馬の公正 | ホーム | 睡眠時間をどう管理するか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2445-84c1f210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: