FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

レントゲンの辱め

先日のエントリに書いた交通事故の件で、火曜、念のため病院の整形外科で診察を受けた。
医師に事故状況を話した結果、腰のレントゲンを撮ることになり、レントゲン室まで向かった。

入り口にて、若い女性のレントゲン技師に、本人確認のため名前と生年月日を訊かれる。
荷物を棚に置き、レントゲン室に入った。
こうした経験は初めてではないし、この病院でレントゲンを撮られるのも初めてではない。

レントゲン台に仰向けになり、撮られるのを待つ。
すると、「ファスナーが写ってしまうので、膝までズボンを下ろしてください」とそのレントゲン技師は言った。

向こうは慣れているので何ということもないのだろうが、若い女性の前でズボンを下ろすのは何となく勇気がいる。
一応タオルを掛けてくれたが、このタオルがあまりにも頼りない。
頼りないというか、完全に隠れずに少し下着が見えている。
仰向けで撮影した後に横向きでも撮ったが、その際にはほぼ完全に見えていた。
こうなることをあらかじめ知っていれば、とも思ったが、ファスナーのないズボンなどオレは持っていない。
そんなもの、寝巻き用のスウェットくらいのものだろうから、結局回避できないものだったのだ。

レントゲン技師は依然としてまったく気にする様子はない。
毎日何十人もの人に同じことをしているのだから、気になりようがないのだろう。
ここまで気にする様子がないと、何だか、自分が恥ずかしがること自体がセクハラ的な行為になってしまう気さえしてきて、
無心になれないことが罪であるかのように感じられてくる。

最後まで、「早く終わってくれ」という気持ちが消えないまま撮影が終わり、オレはズボンを履いて待合室へと戻った。

結局、診察の結果、骨に異常はなかった。
オレのズボン脱ぎは、まさしく無駄な消耗に終わってしまったのだった。

【今日のまとめ】
せめて背中だったら。


というわけで。
  1. 2018/07/13(金) 22:30:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ただ「わからない」、という状態 | ホーム | 湯の泉 草加健康センター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2349-1798b419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: