FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

右傾化した作品は、なぜ固定的なイメージに帰着するのだろうか

あるバンドが発表した楽曲が右翼的だということで炎上しているというニュースを目にした。
かなり話題になっているので、検索すればすぐに見つかるだろう。

オレも歌詞を読んだが、実際に右翼的かどうかはともかく、少なくともそう受け取る以外にない単語が散りばめられた歌詞だと感じる。
むしろ、これを読んでそう感じない人間がいるとすれば異常だ。
歌詞を書いた人間は、「右も左もない、ただこの国が好きなだけだ」という旨のことをSNSでコメントしているが、
そのような言い回しをする時点で、少なくとも他人がそういう捉え方をすることは意識していたのだろう。

勘違いしないで欲しいが、この国が好きであることを作品にすることが悪いとはオレは思わない。
むしろ、自分の住む国が嫌いであるとすればそれは異常だ。
住んでいる国を嫌いであり続けることは無駄な消耗だし、もしどうしても好きになれないのならば他国に移住すればいい。
それでも移住しないのであれば、結局は我慢できてしまう程度の「嫌い」でしかないのだから、好きになって無駄な消耗を避けるべきだ。

だが、いつも不思議に思うのが、
アーティストがこの国が好きであることを示すとき、決まって日の丸や君が代や靖国神社のようなモチーフに帰着することだ。
それまでオリジナリティに溢れる作品を多く発表してきた人間でも、愛国を作品にすると、途端にそうなる。

普通に考えれば、国を愛するといっても、どの部分を愛するかは十人十色のはずだが、
なぜみんな、日の丸や君が代や靖国神社なのだろうか。
結局は、それが「国体」だからということになるのだろうが、
それは単に明治時代以降に生まれた近視眼的なナショナリズムであるにすぎず、実体的に国を愛することとは程遠い。

左傾的な作品はこの国にも多く存在するが、右傾的な作品と異なり、それほど固定的なイメージはない。
それは、左傾的な思想には日の丸や君が代や靖国神社のようなモチーフがなく、
単に「平和」などという抽象的な概念をそれぞれが作品に昇華させるしかないからだ。

右傾化な思想も、左傾的なそれのように、特定の単語に縛られずに作品にすることができれば面白いとオレは思う。
もっとも、たとえそのような作品を発表したところで、それが右傾化な思想であると受け取られないのだとすれば、問題は思った以上に根深いのかもしれない。

【今日のまとめ】
飯がうまいから日本が好きだ、などでもいいはずなのだが。


というわけで。
  1. 2018/06/10(日) 23:33:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祖母が亡くなった | ホーム | 潮騒の湯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2316-63d9af11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: