FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「日本が凄いのではなく、選手が凄いだけだ」という態度

冬季オリンピックが行われている。
オレは別にこの手のスポーツ観戦に熱心なわけでないが、たまたまテレビを見た時に中継がやっていると、何だかんだで見てしまう。

先日、Twitterで、「日本が凄いのではなく、選手が凄いだけだ」という旨のツイートを目にした。
オリンピックで日本選手を応援したり、上位に入賞した選手を目にして「日本は凄い」と言うのは変で、
国が凄いのではなく選手が頑張っただけだ、ということだろう。

言いたいことは分かるが、それは無駄な消耗だ。
それに、突き詰めると、日常生活にも支障が出るだろう。

オリンピックの選手は、国の代表として参加している。
建前のような部分はあるかもしれないがそれは事実だし、
現に、金メダルを獲得した選手には総理大臣が電話で祝福している。
大袈裟に言えば、選手はオレたちの仲間だということになる。

オリンピック選手を仲間だと言うと大袈裟に聞こえるが、
「仲間が活躍するのを目にして『その人が頑張っただけで、自分には関係ない』と言っている」と一般化すると、
それはむしろ礼を欠く行為であるとさえ感じられる。

友人や会社の人間が活躍した際に、それを讃えることをせずに「その人が頑張っただけだから自分は関係ない」と無反応でいることが正しいのだろうか。
むしろ、素直に賞賛する方が自分の得にもなるし、たとえ得にならなかったとしても少なくともマイナスはない。

一方で、他人を賞賛しない人間は他人からも賞賛されないし、助けてももらえないので、そちらは大きなマイナスだ。
それは明らかに無駄な消耗である。

別にオリンピックの選手を無理に応援すべきとは思わないし、「日本は凄い」と思うべきだとは思わない。
だが、日本を応援している人や、「日本は凄い」と言っている人を嘲るような態度は無駄な消耗で、淘汰の速度を早めるだけだろう。

【今日のまとめ】
「カントリーマアム」から8年。


というわけで。
  1. 2018/02/20(火) 14:38:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄剣タロー | ホーム | 蒙古タンメン中本 御徒町店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2206-3985e32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: