FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

サウナの梅湯

サウナの梅湯

先日の京都行きでどうしても行きたかったのが、この「サウナの梅湯」だ。
清水五条駅から歩いて数分の高瀬川沿いにある。
ネットや雑誌などでも紹介されていて知名度が高いので、知っている人も多いだろう。
オレも「POPEYE」の京都特集で知り、以前から気になっていた。



オレよりも若い番頭さんが、閉店しそうになっていた銭湯を受け継いでところどころリノベーションした施設だそうで、
若者や外国人でも安心して銭湯を楽しめるシステムになっている。
実際、オレも銭湯の経験は少ないが、まったく緊張せずに入ることができた。

料金は430円と安く、サウナも料金に含まれている。
貸しタオルも無料で、シャンプーとリンスも置かれているから、手ぶらで行っても問題ない。

何より嬉しかったのは、脱衣所に大型の扇風機があり、湿度が低いことだ。
銭湯や大浴場に行った時に一番嫌なのが、脱衣所が蒸し蒸しとしていて、せっかく風呂に入ったのにまた汗をかくことだ。
そうした場所で服や靴下を身に着けようものなら、何のために入浴したのかわからなくなる。
だが、この「梅湯」の脱衣所では、すぐに身体が乾くし、床もほとんど湿っていない。
昔ながらの建物の造りが風通しを良くしてくれているのも大きいのだろう。

男湯には、通常の風呂、泡風呂、薬草風呂、電気風呂、サウナ、水風呂がある。
銭湯としてはかなり充実している部類だろう。
電気風呂は今はなき綱島温泉以来だったが、システムは最新のものらしく、マッサージ力も上々だった。
昔からの銭湯なので見た目はどれも古いが、清掃はしっかりしていて、不潔さはまったく感じなかった。

水風呂含め、全ての浴槽が深いのも特徴的だ。
尻をつこうものなら頭まで全て潜ってしまうような深さなので、中腰のような姿勢で浸かることになる。
造りが古いのだろうが、これならどんな大柄な人でもしっかりと肩まで浸かることができる。

サウナはガラスが張られており、中から浴場の様子を覗くことができる。
サウナ室内ではジャズが流れ、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと汗を落とせる。

ちなみに、オレは少し前までサウナが苦手だった。
暑苦しく、どんなに長く入ろうと思っても一分が限界だった。
水風呂なんてもってのほかで、足先をつけただけで精一杯という有様だった。

だが、ネット上の知人が書いていたエントリを読み、サウナは水風呂とセットで入るものだと知った。
サウナの後に水風呂に入り、再びサウナに入り、そしてまた水風呂に入る。
それを繰り返すことで、サウナに長時間入ることができ、身体をリセットできるというのだ。

先日の舞鶴旅行の際に立ち寄ったスーパー銭湯で、
意を決したオレは、サウナに少し入った後で、頭から水風呂の水を浴びた。
こんなものを浴びたら死ぬんじゃないかと思っていたのに、案外気持ちよかった。

そして、オレはその勢いで肩まで水風呂に浸かった。
心臓が脈打ち、冷たい空気が肺に入ってくるのを感じる。
これまで感じたことのない感覚で、うまく言語化できないが、どこか宗教めいたものすら感じる、何かを超越したような感覚だった。
いま思えば、これがまさに「禊を落とす」というものなのかもしれない。
あれは、冷水に浸かることで宗教的正当性を獲得する儀式である。

その後にサウナに入ると、身体が冷えたからだろう、
これまで一分が限界だったサウナに、12分計がほとんど一周するまで入っていられた。
そして水風呂に戻って宗教的感覚を再体験し、再びサウナに戻る、それを数回繰り返した。

それ以来、苦手だったサウナが好きになった。
この「梅湯」のサウナも、その気持ちに充分すぎるほど応えてくれるものだった。
11月以降にサウナがパワーアップされるという話も聞いている。
また京都を訪れることがあれば、オレは真っ先にこの「梅湯」で禊を落としたいと思う。

【今日のまとめ】
関西向けケロリン桶の良さ。

というわけで。
  1. 2017/10/27(金) 22:32:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<速くなる体感時間 | ホーム | オレが自信を持つ手がかり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2091-148f9548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: