FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

保護フィルムを貼る意味

先日、毎年恒例の「ナイトウォーク」をやっている際に、手に持っていたiPhoneをうっかりアスファルトに落とした。
ついにやってしまったかと思ったが、画面は割れていなかった。
オレは何度もiPhoneを床や地面に落としているが、落とし方がいいのか、これまで画面にヒビが入ったり、割れたりしたことはない。
背面が少し削れて銀色になってしまったが、許容範囲だ。

オレはiPhone 5に替えたあたりから(いまはiPhone 7だ)、
iPhoneをケースに入れておらず、保護フィルムも貼っていない。
その方がスリムだし見た目もかっこいいし、そのように使っていて特に不便もないからだ。

だが、多くの人はスマートフォンにケースを使ったり保護フィルムを貼ったりする。
ケースはデザインにも関わるのでその人の好みだと思うが、保護フィルムに関してはよくわからない。
第一、保護フィルムを貼る人は、いったい何を「保護」しているのだろうか。

画面を保護しているのだ、とほとんどの人は答えるだろう。
だが、保護フィルムを貼る人は、そのまま保護フィルムをずっと貼り続ける。
保護フィルムが傷つけば、新しい保護フィルムに貼り替えるだろう。
保護フィルムを貼るくらいだから、そういう人が保護フィルムを剥がしてスマートフォンを使う機会はまずないだろう。
そうすると、保護フィルムによって保護されるところの「綺麗な画面」に、保護フィルムを貼る人は一生触れる機会がないのだ。
保護フィルムを貼る人は、一生触れる機会がないものをわざわざ保護しているのである。
もちろん中古で売る際のリセールバリューなどを考慮している人も中にはいるだろうが、
たいていの人はスマートフォンを売ったりすることはない。
保護フィルムを貼ることには、実のところほとんど意味がないようにしかオレには思えない。

このように考えると、もはや、保護フィルム販売業者の利権が存在し、
「保護フィルムは貼るべきものである」という印象操作が行われていると考えるほかない。
大衆は、ものごとの「意味」などは考えない。
たいていは、「そういうものだから」という理由でそうしているのだ。
次の衆院選における投票行動を見れば、そのことがはっきりと分かるはずだ。

言うまでもなく、そうした行動は無駄な消耗にほかならない。

【今日のまとめ】
オレも昔は貼っていたが。


というわけで。
  1. 2017/09/28(木) 17:24:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本気や全力でやることとと、命を削ることは違う | ホーム | 希望は内発的なものだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2065-f22a9728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: