怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

有名なものをとりあえず知っておく

テレビや映画で、クラシックや洋楽の有名な曲が用いられることがよくある。
たいてい、有名な曲なのでメロディは知っているのだが、曲名が出てこない。
出てこないというのは、忘れてしまったのではなく、はじめから知らないのだ。

オレはクラシックや洋楽とはほとんど無縁の環境で育った。
多くの場合、音楽の趣味は親や身近な人間から影響を受けるものだと思うが、
オレの親や身近な人間はみんなもっぱらJポップを聴いていたので、
オレもJポップを好きになり、クラシックや洋楽を聴くことはほとんどなく義務教育を終えた。

その後、高校では洋楽が好きな友人もいたし、大学ではクラシックに詳しい友人や教員もいたが、
義務教育を終えた辺りで既にオレの好みがはかなり固定されてしまっていたので、
自分から進んでクラシックや洋楽を聴くことは結局なかった。
その結果、オレは冒頭に書いたような状態になったのだ。

オレは別に、だから子供には好きではない音楽も聴かせておけとか、そういうことを言いたいのではない。
むしろ自分の好きなものを聴かせる方が、子供にも「自分はこれが好きだ」という気持ちが伝わるし、
自分の好きなものを追い求めることは、程度にもよるが、無駄な消耗を避ける上で必要なことだからだ。

しかし、「知らなさすぎる」ということは時に苦痛になる。
たとえば、音楽であれば、メロディで検索して曲名を割り出すことは今のところ難しい
(最近そのようなアプリも登場しているが、まだ鼻歌のレベルで完全にそれを行うのは困難だ)。
有名な曲なのにそれが何という曲なのかわからないのは、どうにも気持ちが悪いものだ。

人はそれを「教養」というのかもしれないが、
有名なものをとりあえず知っておくということは、無駄な消耗を避けることにつながる。
広く浅くでは意味がないというのはある意味ではその通りだが、
広く浅く知っているだけで、上記のような気持ちの悪い経験をすることは格段に少なくなる。
そういう意味では、ミーハーも悪くない。

【今日のまとめ】
今はApple Musicがあるのでいい時代だ。


というわけで。
  1. 2017/08/29(火) 21:06:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜ緊急時に冷静になってはいけないのか | ホーム | やはりオレは魚介類が苦手だ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2032-a12bf886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: