怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「麺堂 稲葉」の油そば

先日、また「麺堂 稲葉」に行った。
いつも通り夜の部の開店20分ほど前に到着したが、連休前ということもあってか少し並びは多かった。
しかし開店と同時にカウンターに着席できた。

今回は国産小麦麺が売り切れだったので、つけ麺以外のメニューにしてみようと「鶏と豚の油そば」を注文した。
例によっておよそ10分ほどで提供。

170810稲葉
▲鶏と豚の油そば(650円)。

極太麺の上にチャーシュー、玉ねぎ、メンマ、ネギ、フライドガーリック、
そしてニンニク(注文時に訊かれ、抜きにすることもできる)という油そばとしてはオーソドックスなトッピング。
レンゲには魚粉が入り、丼の縁にはコチュジャンも付いている。

レンゲの魚粉をかけ、これらをかき混ぜて食べる。
メニュー名が「鶏と豚の油そば」で、チャーシューは豚なので、おそらくタレが鶏ベースなのだと思うが、
なるほど全体的に脂っこくない。
味はしっかり濃く、一般的な油そばとそう変わらないのだが、食後に胃もたれしない。
ガッツリ感を求める人にとっては物足りない気もするが、かといってヘルシー系でもないので絶妙なバランスだ。
この品のある感じは「稲葉」らしい。
麺は並盛りで程よい量で、価格も650円と手頃なので、肉ライスなどのサイドメニューを追加してもよかったかもしれない。

鶏そばもつけ麺もうまく、こうした油そばもうまい。
オレはメニューの多いラーメン屋をあまり信用していないのだが、ここは例外的に信用できる。
油そばだけでも他に種類があるので、後ほどチャレンジしたいところだ。

【今日のまとめ】
オレとしてはつけ麺の方が好きだが。


というわけで。
  1. 2017/08/13(日) 17:06:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「蕾 本家」の「濃厚坦々つけ麺」 | ホーム | 新潟〜会津〜那須⑥(喜多方・那須どうぶつ王国)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2016-0c052ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: