怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

オレは偏食だった

SNS上で、給食の時間について話題になっていた。
小中学校では給食や弁当を食べる時間が15分ほどしかなく、とてもゆっくり食事ができる環境にはないというのだ。

確かに、オレが小中学生の頃も、給食の時間は準備や片付けも含めて45分ほどしかなく、
実際に食事ができるのは15分くらいしかなかった気がする。

しかし、オレはそれで時間が足りないと感じたことはなかった。
オレは子供の頃、好き嫌いがあまりにも多かったので、給食をまともに完食したことがほとんどなかったからだ。
おそらく、小中学校の9年間で、給食を完食できたのは両手で数えても余るほどである。
それくらい、オレは好き嫌いが多く偏食だった。

魚はからっきし駄目だし、肉も味付けによっては食べられない。
野菜も一部は食べられたがほとんど苦手で、無理して食べたトマトを給食後にトイレで吐いたこともあった。
焼き魚・野菜・しらすご飯というメニューの時などは、何一つ食べることができず、牛乳にしか口を付けなかった。
それでどうしていたかというと、
帰宅してからスナック菓子を大量に食べて空腹を満たしていたというのだから、太るのも当然である
(小学校高学年頃のオレはかなりの肥満児だった)。
オレの小中学校は全部食べるまで昼休みなしというスタンスではなかったので、残しても何も言われないのが幸いだった。

今では魚も多少食べられるし、野菜はトマトも含め好きだ。
当時の偏食は本当に病的だったと思う。
残すことに罪悪感はあり、できれば全部食べたいのだが、嫌いなものを食べると吐いてしまう。
それが怖いので結局手をつけられず、罪悪感に苛まれる。
オレは9年間ほとんど毎日、そんな気分を味わっていた。

いま、「COMP」という粉末状の完全食が話題になっているが、
あれを給食で出したり、学食の自販機で売ったらどうだろう。
COMPであれば水や牛乳に溶かすだけで必要な栄養を取れるので数分で「食事」は終わり、
それだけで完結するので、オレのような偏食の子供でも栄養が偏らずに済む。
給食を調理する必要がなくなり、人件費も大幅に削減できる。
もし食育の観点から問題があるのであれば、校内の自販機でCOMP粉末を売ったり、
給食とCOMPを生徒が選ぶようにするなどして選択肢を作ればいい。

オレのような偏食の子供を精神的に解放し、かつ栄養面でも守るという手段は現代ならいくらでもある。

【今日のまとめ】
ミルメークの上位互換みたいな。


というわけで。
  1. 2017/08/03(木) 20:35:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人を信じることはかっこ悪いとか、大人は間違っているという価値観が押し付けられるのは危険だ | ホーム | 夢日記(2017/8/1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2006-d102c1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: