怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

七の庫

地元古河のタウン誌を読んでいたところ、掲載されていた「七の庫」(なのくら)という店のラーメンの写真が気になり、きょう行ってきた。
17時の開店とほぼ同時に行ったのだが、
既に先客がおり、食べている途中には待ちができるほどの盛況だった(カウンター席は空いていたが)。
平日で、かつ雨だということを考えるとかなりの人気である。

生姜ラーメンが売りとのことなので、「生姜チャーシューメン」を注文。
10分ほどで提供された。

170801七の庫1
▲生姜チャーシューメン(900円)。

佐野ラーメン系の透き通ったスープに、ほぐし豚に絡めた生姜のトッピングが乗っている。
チャーシューも分厚いものがたっぷりだ。

170801七の庫2

麺は佐野ラーメンらしく太い縮れ麺だが、その中でもかなり太めかつ柔らかめの部類。
あっさりした塩スープにはこのくらい柔らかい方がよく合うのだろうし、実際に食が進む。

生姜は思った以上にたっぷり入っていて結構な刺激があるが、
ベースのスープがあっさりしているだけあってこのくらいでも嫌味はない。
ただ、生姜があまり得意ではないという人が、店の一押しだからと言ってこれを頼むのは少し危険かもしれない
(普通のラーメンもメニューにあるので、そちらを食べた方がいいだろう)。
夏場だが突然の豪雨で涼しかったこともあり、生姜がいい感じに身体を温めてくれた。

チャーシューはいわゆる巻き豚で、5枚ほど乗っていたがどれも1cmほどの厚さがありボリュームたっぷりだった。
柔らかく味もしっかりしていて、これだけでご飯のお供になりそうだった。

一緒に注文した餃子は大きく、具がぎっしり入っていてこれだけでメインを張れそうだった。
5個入りを2人で(オレが3個)食べたが、一人で5個だと多すぎるかもしれない(3個入りもメニューにある)。

佐野ラーメンはシンプルな分難しく、スープが油っこすぎたり、麺の茹で具合がひどい店も多いが、
ここはそれがまったくなく高いレベルで成立していて、生姜という独自のスタイルもプラスに作用している。
店内も清潔で、客足が絶えないのもこれなら納得がいく。
地元にこうしたうまいラーメン店があるのは嬉しい限りだ。
開店して一年ほどになるらしいが、どうか長く続いてほしい。

【今日のまとめ】
生姜でないラーメンも食べてみたい。


というわけで。
  1. 2017/08/01(火) 19:38:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<夢日記(2017/8/1) | ホーム | 判じ物の立て札や暖簾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/2004-6d666bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: