怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

オレは雷が怖くない

きょう、東京で大粒の雹が降ったらしい。
インターネットに投稿された動画では、池袋や大塚辺りの市街地で、
そのままウイスキーのオンザロックに使えそうなサイズの無数の雹がバチバチと轟音を立てて降り注ぐ様子が記録されていた。
雹の降らなかったエリアでも雷鳴がとどろき、いわゆるゲリラ豪雨が各地を襲った。

このレベルの雹は誰しもが人生でほとんど経験しないレベルのものだろうから、オレも動画を見ただけで恐ろしかったが、
こと雷に関しては、オレは怖いと感じたことがない。
SNSや周囲の反応を見ていると、どうやら雷を怖いと感じる人は多いようなのだが、
オレには、それがまるで冗談のように思えてしまう。
それくらい、オレは雷が怖くない。
オレはかなり臆病な性格だが、こと雷に関しては別物である。

それは、オレの育った環境に関係していると思われる。

オレの家の近くに、「雷電神社」という神社がある。
総本社は群馬県の板倉だが、関東には雷電神社が多く、オレの先祖が住んでいた谷中村にも雷電神社はあったようだ。

その名の通り、雷電神社は雷に関係する神々を祀り、雷除けの神社として知られている。
周囲を山が囲む関東平野には昔から雷が多かったことから、こうした神社ができたそうだ。
祖父をはじめとするオレの周囲の古い人間は、神社を「雷電さま」と呼んで敬っていた。
雷は「神鳴り」と呼ぶこともあるくらいだし、
それは恐れるものではなく信仰の対象であって、こと雷電神社を持つ地域ではその傾向が強かったのかもしれない。
その影響で、オレはきっと、幼少期から雷を恐怖の対象として捉えないまま成長したのだろう。

人が何を恐怖に感じるかは生まれ育った環境の影響が大きい。
オレはゴキブリが苦手で、多くの人も同じだろうが、
北海道の北部の人はゴキブリを見たことがなく、上京してきてゴキブリを見ても恐怖しないという話も聞く
(もっとも、現在ではゴキブリも北上していて、それは過去の話であるともいうが)。
それは、彼らにとって「ゴキブリは気持ち悪い」という価値観が存在しないからだ。
それと同じで、オレにとっては、「雷は怖い」という価値観が存在しないのである。

【今日のまとめ】
ブレーカーが落ちるのは怖い。


というわけで。
  1. 2017/07/18(火) 21:05:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人たちが子供のままなので、教育ができない | ホーム | 中途半端で、そしてプラス要素の何もない正夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1990-8d3b08d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: