怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

讃岐うどん 條辺

かねてから行きたいと思っていた埼玉のうどん店「讃岐うどん 條辺」に昨日ようやく行くことができた。
実は、先週にも片道90分ほどかけて自動車で行ったのだが、臨時休業で食べることができなかった。
完全にそれだけを目的に行ったので精神的ダメージは大きく、しばらく再訪はできないと思っていたのだが、
今回、また埼玉方面に友人と自動車で出掛けたので、せっかくだからと行ってみたところ、無事開店していた。

12時半過ぎの入店で、空席は多かったがガラガラという感じではなく、むしろひっきりなしに来客があった。
単純に、うどん店なので回転が速いということだろう。
平日は外に並びができることがあるという話も聞くので、駅前ということもあり付近の勤め人にも人気があるのだろう。

チェーン系のうどん店にも多いセルフサービス方式で、
カウンターでうどんを注文しつつ自分で天ぷらやサイドメニューを取り、カウンターで代金を支払う。
その場でうどんに生姜や天かすのトッピングをし、席で食べる方式だ。

170715條辺
▲ひやかけうどん(3玉)(570円)。

初めてとなる今回はひやかけを注文した。
冷しのかけうどん(ぶっかけとは違い、冷たいつゆがたっぷり入ったかけうどんだ)は関東ではなかなか食べられない。
調製が難しいのか、チェーン系の店ではまず出しておらず、
オレが好きな神保町の「丸香」や五反田の「おにやんま」、そしてこの「條辺」など、
当地で修行した人の店で食べることができるくらいである。

ダシは讃岐うどんらしくいりこだと思われるが、癖は強くなく飲みやすい薄味。
これには生姜が本当によく合う。
そして何よりも歯応えとコシのある麺は本物で、冷やであることによりその引き締まった食感を存分に楽しめる。
3玉は多いかもしれないと思ったが、どんどん食は進み、あっという間に完食した。
ちなみに、写真には写っていないがちくわ天と半熟卵天も食べたのだが、
特に、ちくわ天は硬めのカリカリした食感とちくわの香ばしさが素晴らしかった。

かつてジャイアンツの投手だった店主が作る本物の讃岐うどんは、評判に違わず最高の一杯だった。
このうどんを頻繁に食べることができる上福岡の人々が本当に羨ましい。

【今日のまとめ】
トイレに阪神タイガースのうちわが置いてあった。


というわけで。
  1. 2017/07/16(日) 23:23:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<中途半端で、そしてプラス要素の何もない正夢 | ホーム | 麺堂 稲葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1988-e1cd38b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: