怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

なぜ女ばかりが叫ぶのか

オレが車を運転するとき、助手席に母を乗せることがある。
そのとき、危ない状況(正確には、母が危ないと感じた場面である)になると、母はきまって金切り声で叫ぶのだ。
それはキャーという叫びであったり、もう少し意味のある言葉であったりする。
オレは、その状況よりも、母の叫び声のほうに驚いてしまい、余計に事故を起こしそうになる。

そもそも、母が叫ぶときは、たいていそれほど危ない状況ではない。
助手席からはブレーキやアクセルが見えないから、
母の運転とはブレーキをかけるタイミングが少しでも違うと、
きっと、オレが停まるべき場面をノーブレーキで突き進もうとでもしているかのように思え、それで危ないと感じるのだろう。
人によってブレーキを踏むタイミングは少しずつ違うから、それ自体は分からないことはない。
オレも他人の車の助手席に乗っていて、まだ停まらなくて大丈夫なのか、などと思うことはある。
だが、なにも叫ぶ必要はないのではないかと思う。

危険であったり恐怖を感じる状況に置かれた際、叫ぶのは圧倒的に女が多いというのがオレの実感だ。
少なくとも、キャーと金切り声を上げる男はほとんどいないだろう。
多少、うわっ、などと叫ぶ男ならいるかもしれないが。
いわゆる絶叫マシンなどに乗っていると、それはよくわかる
(ちなみにオレは、絶叫マシンに乗ると、怖くてむしろ声を出す余裕すらない)。

なぜ女ばかりがキャーと叫ぶのだろうか。
海外のパニック動画などをYouTubeなどで見ても、やはりキャーと叫ぶのはほとんどが女である。
もちろん叫ばない女もそれなりにいるのだろうが、キャーと叫ぶのは圧倒的に女が多いということには変わりがない。

これは女の原始的な本能か何かなのではないかと思う。
太古、人間の先祖が狩りをしていたような時代には、
女が大型動物や他の男に襲われそうになった場合、遠くにいても聞こえやすい金切り声で叫ぶことで、男に助けを求める必要があった。

いまは女も強いし(実際には女のほうがもともと強いのであって、
男が都合よく「男のほうが強いのだから助けるべきだ」というストーリーの下で動いているだけなのだが)、
大型動物に襲われること自体なく、仮に襲われてもスマホを使えばいくらでも助けを求められるから、特に叫ぶ必要もない。
だが、本能的な反射で、女は危ない場面になるとキャーと叫んでしまうのである。

キャーと叫ぶことは、いまは無駄な消耗だ。
だが、かつては必要な消耗であり、それが名残として残ってしまっているということだ。
それは厄介なことだが、どうしようもないのかもしれない。

【今日のまとめ】
これは差別ではない。


というわけで。
  1. 2017/07/12(水) 23:20:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレは腕時計に興味がない | ホーム | オレは他人の愚痴を言ったり陰口を叩くことはほとんどない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1984-4f6ac5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: