怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

住み続ける気持ちと、人命最優先

九州地方の豪雨で、既に複数の人が死んだというニュースを目にした。
こういうニュースを目にするたび思うのが、
豪雨による土砂崩れだとか、地震による津波で埋もれたり流されてしまう地域に住むことの是非だ。

居住・移転の自由は憲法で保障されているし、
先祖から受け継いだ場所に住み続けたいという気持ちは当然尊重されるべきだ。

他方で、人命最優先というのは国家として当然のことなので、
何かあった際に簡単に生命が危険にさらされてしまう場所に国民が住んでいたり住もうとしている場合、
そのことに対してある程度国家が意見したり、対策を取ることも必要であるように感じる。

現状では人口の問題から難しいだろうが、
今後、少子化による自然減で人口が7000万人や5000万人になったとき、
国家の政策として、山間部や川沿い、沿岸部に住む人々を、
強制的に比較的安全な地域(極端な例を挙げれば、新宿で土砂崩れに遭うことはない)に移住させるとしたら、
それは国民の支持を受けるだろうか。

人命最優先という観点からはそれは正しい。
だが、それが受け入れられるとはオレは思えないし、実際に支持されることはないだろう。
支持されない結果、山間部や川沿いや沿岸部の人々は、土砂崩れや氾濫や津波の高いリスクにさらされるわけだが、
そのリスクを強制的に除去することは国家には難しいということだ。

結局、この問題の答えはわからないままだ。
登山など危険を伴う競技において用いられるオウンリスクの概念を、単に「住む」というレベルの行為に持ち込むことは難しいだろうし、
「こういう場所に住む以上、死んでも文句は言いません」という覚悟で山間部や川沿いや沿岸部に住む人は少ないだろう。
かといって、予防的救助の観点から強制移住をさせることは、上記のようにあまりに非現実的だ。

オレ自身は何が起きようとも、何とかして生き抜く。
いまオレができるのはそれだけしかない。

【今日のまとめ】
盆地の強み。


というわけで。
  1. 2017/07/06(木) 22:37:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒアリよりゴキブリの方が嫌だ | ホーム | オートパーラーまんぷく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1978-62484a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: