FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

蕾 煮干分家

久々に平日の大宮に用事があったので、「蕾 煮干分家」に寄った。
ここは日曜は空いていないので、平日は貴重なチャンスだ。
最近は「トナリ」の焼そばを食べることが多かったが、久々につけ麺が食べたくなった。

12時前に入り空席が一つだけあったので、すぐに着席して10分ほどで提供された。
ここは運が悪いと着席してからもかなり待たされることがあるが、今回は普通だった。

170623煮干分家2
▲本日の煮干つけ麺・大盛(850円)。

179623煮干分家3

以前は麺の器には何も盛られていなかったが、いつの間にかこのように豪華な盛り付けになっていた。
東口の本家や、池袋の「狸穴」などもこうしたスタイルなので、影響されているのかもしれない。
個人的には麺だけの方が好きだが、豪華になる分には文句はない。
レモンが付いているので、最初はそのままで食べ、途中で麺の上に絞ってからかき混ぜ、味の変化を楽しむ。
小麦の味がしっかり効いた極太の多加水麺は本家とはまったくタイプが異なり、その違いが楽しい。

100623煮干分家1

つけ汁はカタクチイワシの煮干を用いた濃厚なもの。
開店当初よりもだいぶえぐみが減った(当時は店内を「臭い」と感じるほど煮干をふんだんに使っていた)気がするが、
その分食べやすくなっているし濃厚さは失われていないので、良い方向への変化だろう。
もっとも、煮干つけ麺のマニアにとっては物足りないかもしれない。
麺やチャーシューがしっかりと絡む濃厚なつけ汁は量も十分で、最後まで冷めにくい。
スープ割りを頼むと柚子のフレーバーがプラスされ、良い食後感を味わえる。

少し前、日曜日でここが空いておらず付近の別のつけ麺屋に行ったことがあったが、
ブログに書く気も起きないほどつまらない味だった。
もっとも、それは不味いというよりも、この「蕾 煮干分家」の完成度の高さに舌が慣れてしまったことによるものだろう。
うまい麺は舌のハードルを上げるのである。

【今日のまとめ】
油そばならその店も悪くないのだが。


というわけで。
  1. 2017/06/24(土) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<元祖ニュータンタンメン本舗 京町店 | ホーム | 草木ダム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1966-df32d07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: