怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

麺堂 稲葉

昨日、移転してから初めて古河の「麺堂 稲葉」に行った。
移転前と比べて駐車場はかなり広く、停めやすく出しやすくなっていた。

18時の開店15分くらい前に到着して並びは5人か6人で、
開店5分ほど前に店員が注文を取りにきた。
今回は「鶏白湯つけめん」の大盛りを注文し、50円を追加して国産小麦麺に変更してもらう。

18時ちょうどに開店するとカウンターに案内される。
店内はまだピカピカで、移転前はBGMだったB'zは、店内のテレビでLIVE-GYMの映像が流されるようにパワーアップしていた。
それほど待たされることもなく、18時10分頃には提供された。

170609稲葉3
▲鶏白湯つけめん・大盛り・国産小麦麺(950円)。

170609稲葉1
つけ汁は唯一無二の、ポタージュ状になった濃厚な鶏白湯スープ。
それでいてしつこさは全くなく、並みの店ではこういうものは出せない
(中途半端な店だったら、脂っこくてまともに食べられないか、しつこい味になるだろう)。
チャーシューもメンマも玉ねぎも具の全てが絶妙に合い、スープ割り後は柚子の味が見事で完飲。

170609稲葉2
国産小麦麺は石臼挽きらしく、デフォルトの麺よりもさらに太く歯ごたえがある印象。
これが鶏白湯のつけ汁にしっかり絡み、大量のつけ汁を引き連れた麺をすする。
量は大盛りで300グラム程度だと思うが、せっかくの素晴らしい麺なのでやはり大盛りにすべきだろう。

地元だからというのではなく、やはりこれまで食べてきたつけ麺の中でもトップクラスにうまい。
これが地元で食べられるのは幸運というほかない。

【今日のまとめ】
古河市の数少ないポジ要素。

というわけで。
  1. 2017/06/10(土) 15:27:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<やはり、人の生き死には運だ | ホーム | ちばから 渋谷道玄坂店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1952-90b74768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: