FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ちばから 渋谷道玄坂店

きのう恵比寿の美容室に行く用事があったため、その前に渋谷の「ちばから 渋谷道玄坂店」に行った。
先月にオープンした、千葉の二郎インスパイア系ラーメン店の支店だ。

連日並んでいると聞いていたので、開店する17時の30分前には店の前に行ったが、まだ誰もいなかった。
周辺をうろつき、念のため16時45分くらいには入口前に立っていると、開店直前には数人の客が後ろに並んでいた。
まだオープンしたばかりでノウハウがないのかもしれないが、
開店前の並び方についても掲示などで説明してくれると親切かなと感じた。

開店後すぐに入口で食券を買い、店員に食券を渡した後、指示があってから入店。
一番乗りなのでカウンターの一番奥の席だった。

ラーメンが出てきたのは17時8分頃。
17時に開店してから食券を買ったことを考えると、提供はなかなか早そうだ。

IMG_3068.jpg
▲ラーメン(豚一切れ)・ニンニクネギ(890円)。

ネギのトッピングが特徴と聞いていたので、ニンニクの他にネギもお願いした。

IMG_3070.jpg

インスパイア系の中でもかなり太めの平太麺はもちもちした食感が素晴らしく、かなりこだわっている感じがする。
特筆すべきはドロドロの乳化スープで、味そのものは違うが、そのドロドロ具合はかつて世田谷にあった「二九」に匹敵する。
麺にどんどん絡んでいき、レンゲを使っていないのに、完食した頃には既にスープが丼の四分の一程度しか残っていなかったほどだ。
しかしその味は化学調味料が控えめで、味も濃すぎず、食べていて不快感がなかった。
そのスープにネギは意外なほどよく合い、名物トッピングとなっているのも納得がいく。

豚は一切れだがかなりしっかりしたもので、パサつきがなく食べごたえがあった。
オレはあまり二郎やインスパイア系の豚が好きではないので、一枚だけというのはかえって嬉しい。

オレはもともと二郎インスパイア系は二郎と違ってあまり好きではなく、
なぜ来たかというと、この「ちばから」は二郎で修行した方が開業した店だからなのだが、
やはり流行りでやっているその他大勢のインスパイア系と違い、二郎感を守りつつオリジナリティを発揮している素晴らしい一杯だった。
標準のラーメンで890円というのはやや割高な気もするが、道玄坂のこの立地では仕方ないだろうし、
このボリュームを考えれば個人的には充分納得できる。

千葉にはなかなか行ける機会がないが、渋谷なら行きやすいのでこれからも訪れたい。

【今日のまとめ】
周囲がラブホだらけで少し怖い。


というわけで。
  1. 2017/06/09(金) 23:33:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<麺堂 稲葉 | ホーム | 戦争が始まったら勝つしかない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1951-d6554117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

広告欄その2

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: