FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

形骸化する方言

「手わすら」というのは方言らしい。
オレが小学生の頃、複数の教師が「手わすらするのはやめなさい」というように言っていた。
それは初めて聞いた言葉だったが、小学生でも文脈で理解できた。
要するに、手を持て余して何かを触ったり遊んだりすることを「手わすら」と言うのだ。

もっとも、それが方言だということを知ったのは今朝である。
たまたま辞書で「手」にかかわる別の単語を引いていて、そういえば「手わすら」という言葉は載っていないなと思いネットで調べたところ、
茨城弁や栃木弁として出てきたのだった。

オレの住んでいるのは茨城県だが、県境であることもあって、いわゆる茨城弁は少ない。
いまのNHKの朝ドラは茨城が舞台で、茨城弁を話す人物が多く出てくるが、
オレは彼らのような言葉を話せないので、まったく親近感が湧かない。
オレの住むエリアでは、たいていは標準語か、むしろ栃木弁が強く出る
(もっとも、標準語であっても北関東訛りがあることは多い)。

そのため、いわゆる「方言」は少なく、
たまにこの「手わすら」のような単語が混じっていても、標準語だと思い込んでしまうのである。
オレは自分で「手わすら」を使ったことはないが、もし東京で使ったら、きっと通じずに困っただろう。

もっとも、「方言」というのは「その地方の言葉」という意味なのだろうが、
SNSの利用率が高い現在では、それも形骸化しているような気がする。

SNSで方言を無意識に(場合によっては意図的に)使う人は多い。
たとえば、北関東出身の有名人がTwitterで「手わすら」という単語を何度か用いたとして、そのツイートが拡散されたとする。
それを見た他の地方に住む人が、「手わすら」を自分の知らない標準語だと思うか、
あるいは方言だと知りつつも面白いと思い、真似をして使うようになれば、
「手わすら」はその瞬間に(少し大げさだが)全国区になる。
そうなると、もはやそれは方言ではない。
そうした例は、具体例を挙げるまでもなく、既に数多く生じている。

方言とは、もはや前時代的な表現なのかもしれない。
それにもかかわらず、「これは方言だろうか」などといちいち考えるのは、無駄な消耗であろう。

【今日のまとめ】
「ごじゃっぺ」は数年前に知った。


というわけで。
  1. 2017/05/09(火) 20:37:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何か特定の栄養を制限するダイエットは怖い | ホーム | 「共謀罪」という単語が出てきた瞬間、 オレはテレビを消したりブラウザを閉じるようにしている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1920-4aee4076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: