FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「死ね」と「落ちろ」以外の野次はいい

馬券が外れたのを騎手のせいにするな、と言う人がいる。
それはその通りだ。
馬券を買う側には買わない自由もあるので、はじめから買わなければいいだけだからだ。
馬券が外れたのはその馬券を自分が買ったせいであって、騎手のせいではない。
だから、それで騎手のことを批判するのはどうなのだろうかとオレは思う
(もちろん、批判することは自由だが)。

だが、それは、「馬が負けたのは騎手のせいではない」ということではない。
明らかに、騎手のせいで馬が負けたというケースは多いし、
それは調教師やスタッフという関係者が騎手を批判することが少なくないことからもはっきりしている。
だから、競馬をひとつの競技として見た場合に、
自分の応援していた馬が負けたことに対して騎手を責めることは、間違ったことではないとオレは思う。
サッカーのサポーターなどは、自身の応援するチームが負けた時にひどく罵ったりするが、
それは応援するがゆえに出た言葉である。
これは、馬券が外れたから批判することとはまったく違う。

オレは、「死ね」と「落ちろ」以外の野次はいいと思っている。
野次はギャンブル場の風物詩であり、競馬関係者の側もそれありきで動いている
(ベテランの騎手など、「最近は野次が少なくて寂しい」と言うほどだ)。
鉄火場は野次がなければ成り立たない。

なぜ、「死ね」と「落ちろ」が駄目なのかといえば、単純明快だ。
それは、騎手が死んだり、落馬して怪我をしたら、競馬が成り立たないからだ。
オレたちが馬券を買えるのは、騎手が生きていて怪我をしていないからであって、
その前提を破壊する言葉は許されない。

競馬場やWINSに行ってみるとわかるが、
玄人の競馬オヤジは、罵詈雑言は多いが、まず「死ね」と「落ちろ」は言わない。
そんなことを言うのは、にわか者のバカだけだ。
競馬オヤジは競馬が好きなので、その競馬を自ら終了させてしまう言葉は使わないのだ。

最近はインターネットで馬券を買う行為が普通になり、競馬場にほとんど行ったことのない競馬ファンも増えた。
また、JRAのCMで観客の野次がクローズアップされることは当然ながらない。
だから、彼らは罵詈雑言の飛び交う鉄火場としての競馬場を知る由もなく、
そういうファンが観客の多くを占めるようになると、連鎖的に野次は減っていく。
それは悪いことだとは思わないが、いいことでもないのは確かだ。

【今日のまとめ】
でも渋谷のWINSは怖い。


というわけで。
  1. 2017/04/01(土) 21:29:02|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレは子供が苦手だ | ホーム | Apple Musicへの課金を始めた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1883-ab22c349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: