怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

郷土愛とは何だろうか

小学校の道徳の教科書検定で、「郷土愛不足」という理由でパン屋が和菓子屋になったり、アスレチックが和楽器屋に差し替えさせられたというニュースを目にした。
それは一定の指針があって決まったことだろうし、
オレはネット上に溢れる、無責任に文句ばかり言う連中が嫌いなので、それに同調して文科省を批判するつもりはない。

だが、郷土愛(指導要領の文言によれば「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ」)とは何だろうか。
批判ではなく、オレはそこが純粋に気になる。

オレの郷土に何か特筆するような文化があるかと考えると、特に何もない。
これまで何度も書いているように、茨城には何もないからだ。
茨城に限らず、田舎には基本的に何もない。
あるのは無駄に広い道路と、その道路沿いのスーパーやユニクロやハードオフくらいだ。
さすがに昔のように「田舎は東京と違って自然があっていい」などというバカは減ったが、
それは単に現実が知られたというだけで、田舎が新たに何かを得たというわけではない。

オレは、「何もない」ことに親しみ、愛着を持つことなどできない。
そんな人間がいれば、すぐにでも一流の哲学者か宗教家になれるだろう。

オレたちが田舎に対して郷土愛を持つには田舎の発展が必要だ。
当然のことだが、愛すべき何かがなければ、そこを愛することなどできるはずがない。

「地方創生」と言うが、内容がはっきりしない。
高速道路が完全開通して最終的に無料になり、整備新幹線計画が完了すればそれで地方創生だろうか。
だが、それでは、何もないところに道路と新幹線が通っただけで、結局何もないままだ。

そもそも、会社と家を往復するか、家に引きこもってインターネットをするような人間が大半の世の中において、
「郷土」などという存在を定義することに意味があるのだろうか。
それは無駄な消耗ではないかとオレは疑っているところだ。

【今日のまとめ】
許我かるたに立ち返る。

というわけで。 
  1. 2017/03/25(土) 20:40:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレは、他人の気持ちを推し量ることが嫌いだ | ホーム | どうしても咳き込んでしまう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1875-9a05f78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: