怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「トナリ」の焼そば+唐揚げ

本日公開の映画「ひるね姫」を観てきた。
作画が綺麗でコンセプトそのものは理解しやすい映画だったが、
映画として尺が制約されている割には物語の進行が少し冗長というか、観ていてもどかしい気がした。
また、オレの理解力不足なのだろうが、観ながら頭の中で整理しないと追いつかない箇所もあった。

だが、ラストのエンディングテーマとそのバックの映像に至るまできちんと意味を込めて作られているのはよく感じられたし、物語としてよくできているのだとは思う。
日テレが関係しているのでそのうち地上波でも放送されるかもしれないが、劇場公開中に観に行ってもいい映画だとは思う。

その帰り、大宮に寄り、例によって「トナリ」で焼そばを食べた。
まだ夕刻ということもあって店内の客はまばらだったが、ちらほら入店してくる様子だった。
女性一人の客もおり、タンメンのヘルシーさと明るい店内のイメージが奏功していることを感じさせる。

IMG_2461.jpg
▲焼そば+唐揚げ+半熟卵+大盛り(840円+100円+100円)。

これまた例によって美しい盛りの焼そば。
甘辛いソースが絡んだ極太麺のうまさは唯一無二のものだ。
揚げ玉の辛さ、野菜炒めの甘みとのコンビネーションも抜群で、最後に皿に溜まったスープのラスト一滴まで楽しめる一皿。

IMG_2462.jpg

今回は唐揚げもセットで注文してみた。
単体でも味がしっかりしている焼そばに唐揚げが合うのか不安だったが、杞憂だった。
そうした付け合せも考慮しているのであろう、油っこさが弱く比較的あっさりめの味である。
イメージとしてはバーミヤンの唐揚げに近い。
唐揚げ(と餃子)は持ち帰りもできるそうだが、なるほど、これならお土産に買って帰る人もいるだろう。

中毒性のあるこの「トナリ」の焼そば、オレはまだその中毒から抜け出せそうにない。

【今日のまとめ】
タンメンに辿り着くまでに何ヶ月かかるか。


というわけで。
  1. 2017/03/18(土) 23:08:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ヨシ焼き | ホーム | オレは写真を撮るためにラーメン二郎に行っているのだろうか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1868-7e5f73db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: