怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

オレは写真を撮るためにラーメン二郎に行っているのだろうか

ラーメン二郎のある店舗が、店内撮影禁止となったという話を聞いた。
店内撮影禁止であっても自分が注文したラーメンの写真は撮影可能という店が多いが、
その店舗はラーメンの撮影も禁止されたそうだ。

この件で、「オレは写真を撮るためにラーメン二郎に行っているのだろうか」という悩みに直面した。

オレは食べた二郎の写真をほぼすべて撮影し、専用のTumblrにアップしている。
それもあって、二郎に行く際は必ずデジタルカメラを持参するし、
もしカメラを忘れた場合は、もともと二郎に行くつもりであったとしても、その予定をキャンセルする。
写真を撮りたいからだ。

では、カメラを忘れたのではなく、
今回の店舗のように、店側がラーメンの撮影を禁止している場合はオレはどうするだろうか。

少し考えたが、オレは、その店に行くだろう。
もちろん、禁止されている以上、写真は一切撮らない。

オレは、あくまで二郎のラーメンを食べに二郎に行っているからだ。
撮影は、それが許されているから、せっかくなら記録しておきたいという気持ちでするだけであって、禁止されているならそれで構わない。
また、撮ることが第一の目的でない以上、撮影禁止が理由でその店に行かないということもない。

オレは食べた二郎の感想をこのブログに書くことが多いが、
その際は写真に頼ってしまうことが多い。
写真を撮影した以上、それを載せるのが早いし、読む人も内容を理解しやすい。
たとえ文章表現が稚拙であっても、写真を載せれば、読む人はその写真から足りない情報を補完できる。

だが、写真撮影ができない二郎の感想は、そのように写真に頼ることができない。
文章だけで、自分が食べたラーメンの感想を読む人に対して伝えなくてはいけなくなる。
そのため、これまで以上に表現力が試される。
それは怖くもあるが、面白くもあるとオレは思う。

この撮影禁止の件により、自分が二郎に行く目的をあらためて考えることができた。
これまでは、どの店舗でもラーメンを撮影できるのが当たり前だったので、
自分が何のために二郎に行っているのか、撮れなくても二郎に行くのかなど、考える必要がなかったからだ。
この件は、それを考えさせてくれるいい機会だった。

二郎の写真はそれだけでコンテンツ性がある。
そのため、撮影を禁止したことで店に来なくなる客も当然いるだろう。
店主は、そうしたリスクを考慮した上で今回の決断をしたのだから、オレはそれを尊重したい。

【今日のまとめ】
オレの中で「スマホのシャッター音は迷惑だからダメ」という勝手な基準がある。


というわけで。
  1. 2017/03/17(金) 21:03:23|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「トナリ」の焼そば+唐揚げ | ホーム | 100時間の残業をニートに代行させる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1867-a1fb1228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: