怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

中途半端なCD

あるタレントが、「自身の所有する古いCDをふと見たら、ディスク内部のアルミが腐食して再生不能になっていた」
旨をブログに書いていて話題になっている。
その人物はCDを多く収集しているようなので一般人より保管に気を遣っていただろうが、
そうした恵まれた保管状況でも、CDその他の光ディスクはそう長持ちしないということだ。

CDはフィジカルではあるが、アナログではない。
物としての所有感はあるが、それはあくまでデータを記録したデジタル媒体であって、
レコードのように物体に物理的に音源が刻まれているわけではない。
その意味では、ダウンロードで購入してハードディスクに保存されたデータとの違いはさほどない。

もっとも、ハードディスクに保存されたデータはバックアップは容易だが、
たとえばCDを500枚持っているとして、そのCDを全てCD-Rにバックアップするのは到底無理だ。
以前、先輩から数百枚のCD-Rをハードディスクにインポートする作業を頼まれて引き受けたが、
ただ取り込むだけでもかなり面倒な作業だったことを覚えている。

そうしたことを考えると、アナログ盤とハードディスク上のデータを両方持っておくことが最もいい。
データはバックアップが可能なので、
たとえばクラウド上に保存すれば、ハードディスクが破壊されたり、燃えたり、流されたりしてもサルベージが容易だが、
もしクラウド上のデータまでトラブルで消失すればそこで終わってしまう。
他方、アナログ盤は消えることはないが、物理的に破壊されたり、燃えたり、流されたりすればそこで終わりだし、
経年劣化や消耗のリスクも高い。
データとアナログ盤は、互いの欠点を補完できる関係にある。

しかし、CDはそこに割って入れない。
中途半端なのだ。
デジタルデータを保管する入れ物でありながら、アナログ盤以上に経年劣化や消耗のリスクが高い。
長期的な保存がはじめから想定されていないのである。

結局、そんな中途半端なCDが今でもまだ生き残っているのは、
DVDやブルーレイディスクと形状が同じだからだろう。
無くす理由がないから無くならないだけだ。
逆に言えば、そのくらいしかCDが生き残っている理由はない。

【今日のまとめ】
昔、CD型のチョコレートがあった気がする。


というわけで。
  1. 2017/02/10(金) 20:34:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<酒を飲んでいるのに酒以外の要素に酔う奴はクズだ | ホーム | やめられないなら「やめる」と言わなければいい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1832-824dfc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: