怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

やめられないなら「やめる」と言わなければいい

母親が禁煙するらしい。
同じことをこれまでにもう何百回も聞いたような気がするが、
オレは特に母親が禁煙に成功しようがしまいがどちらでもいいので、深く考えないようにしている。
もっとも、家の中で受動喫煙をするリスクが減るのはいいことだ。
オレは別に喫煙者を批判するつもりはないが、単純に煙草の煙や臭いは苦手だ。

母親は16の頃から吸っているらしい。
今回は珍しく丸三日吸っていないが、禁断症状があり、夢の中にまで煙草が出てくるという。
それなら禁煙外来にでも行けばいいのにと思うが、
「禁煙できなかったら行く」という。
はじめから行くのでは駄目なのだろうかと言いたくなるが、突っ込むのも疲れるのでやめておく。

オレは母親に、アレン・カーの「禁煙セラピー」という本を薦めた。
喫煙者の知人が「素晴らしい本だ」と言っていたので、オレは非喫煙者だが、かつて中古で買って読んでみたのだ。
なるほど素晴らしい本だったが、それを薦めた知人は今も喫煙している。

オレがいつも思うのは、やめられないなら「やめる」と言わなければいい、ということだ。
自分との約束を破ることは無駄な消耗であり、かつ、数ある無駄な消耗の中でも消耗の度合いが大きい。
自分を信用できなくなれば、もう誰も信用できないからだ
(よく「自分は信用できなくても他人は信用できる」などと言う人間がいるが、それは欺瞞だし、
そういう人間は他人を信用できていると思い込んでいるにすぎない)。

喫煙は犯罪ではないのだから、やめる義務はない。
喫煙をやめなくても、誰も責めない。
やめるのは自由だしいいことだとは思うが、やめると決めたなら、やめる以外の選択肢はない。
それは、喫煙に依存性があり、意思だけでやめられるものでないとしても変わらないことだ。

【今日のまとめ】
オレも指鳴らしをやめられない。


というわけで。
  1. 2017/02/09(木) 22:36:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中途半端なCD | ホーム | 勝手に同調してくる部外者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1831-c973850e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: