怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

IMG_2121のコピー

新宿バルト9で行われた「ポッピンQ」の応援上映に参加した。
国会のような雰囲気で面白かった。
レノに対するブーイングに疑問の声もあるようだが、
これは応援上映なので、「主人公サイドを応援する」という意味では、
現時点でまだ少なくとも味方とは思われていないレノがそういう扱いを受けるのは特に間違っていないとオレは思う。

一人で参加したが、叫んでもいい雰囲気だったのでそれなりに叫び、今日になって声が少し枯れている。
オレは小夏が好きだが、あまり派手な活躍シーンがなかった気もするので、
もし続編があるとすればそこに期待したい。

その後、友人と合流し、久々に小滝橋のラーメン二郎に行った。
記録によれば前回行ったのは2012年1月17日なので、丸5年ぶりということになる。

列はできていたがすぐに店内に入れ、食券を店員に渡して(ここはトッピングを先に訊かれる)10分もせずに奥のテーブル席に着席。
そこからさらに10分ほど待って提供された。

IMG_2123のコピー
▲ラーメン・ニンニク(750円)。

かなり美しい見た目で、食欲をそそられる。

IMG_2124のコピー

麺は池袋のような四角めのものだが、食感は比較的柔らかめ。
小麦の味はしっかり効いているしスープにも合う。
そのスープは二郎でないラーメン、それもかなりベーシックなラーメンのようなすっきりした醤油スープ。
美味しいが特にこれといった感想も浮かばない。
だがそれは減点要素もないということで、それだけレベルが高いことを意味する。
豚は柔らかく、一切の不快感なく美味しく食べられた。

全体的に、二郎でないラーメンと二郎のハイブリッドのような印象を受けた。
オレ個人としてはかなり好きな部類だが、
たとえば本店や神保町のような、パンチの効いた二郎らしいラーメンを求める人には少し物足りなく感じられるかもしれない
(実際、オレもそう感じた部分はあるし、正直これは「ガッツリ系ラーメン」とは言えない)。
だが、逆に言えば、初めて二郎に行くという人が食べる二郎としては非常におすすめできる。
二郎のエッセンスはしっかり残しながら普通のラーメン感もあり、
かつ味も良いので、これで二郎が嫌いになるという人はあまりいないだろう。

最近美味しくなったとネットで囁かれていたこの小滝橋二郎。
なるほど美味しかったし、これは独自路線として評価されてしかるべきものだろう。

【今日のまとめ】
京都の二郎の件が気になる。


というわけで。
  1. 2017/01/23(月) 15:40:48|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今は女の子の方が男の子より強い、という衝撃 | ホーム | 頻尿の罪悪感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1814-5eb7b803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: