怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

iPhoneに集約する

iPhone 7を購入してからというもの、
これまでアナログのものや別のガジェットに頼っていたものをiPhoneに集約するようになった。
それはやはりApple Payがきっかけで、
iPhoneで買い物や公共交通機関の利用ができるようになったのだから、
その他のツールもiPhoneにまとめてしまおうと考えるようになったのだ。

オレはそれまで音楽を別個に持ち歩いていたiPodで主に聴いていたが、
Bluetoothイヤホンを購入したのを機に、iPhoneで聴くようにした。
それまでは音楽の再生でバッテリーが減らないか不安だったが、案外大したことはない。
また、イヤホンをペアリングするのを忘れて、人前でiPhoneのスピーカーから音を出してしまうのも不安だったのだが、
今のところそうした事態は起きていない。

ポイントカードも、アプリが存在するものはアプリをインストールし、カードを持ち歩くのをやめた。
それまでは、iPhoneにアプリをいくつも入れるのは格好悪いと思っていたのだが、これも慣れると何でもない。
おかげで財布は薄くなり、iPodを持ち歩かなくなったことと合わせて荷物が減った。
ちなみに、Apple Payで買い物をするようになってから財布に小銭を入れなくなったので、
オレの財布は基本的にいつも薄いままだ。

そして、スケジュールもApple純正の「カレンダー」アプリで管理しはじめた。
それまではモレスキンのウィークリーを毎年買っていたが、
オレは元来手帳に細かく書き込む方ではないので、
せっかくのモレスキンにも予定と時間を書き込むだけで、宝の持ち腐れだった。
それならiPhoneで充分で、
むしろ、アラートがあるし、家に忘れてくることもあるモレスキンと違ってiPhoneは常時携帯するので、
急な予定の確認もしやすい。
こうして、手帳という荷物も減った。

花粉症で乾燥肌のオレはポケットティッシュとハンドクリームが欠かせないので、
出掛ける時の荷物は、その2つに財布と手ぬぐいとiPhoneとイヤホンとKindle、そして家と自転車の鍵だ。
場合によっては、モバイルバッテリーも持ち歩く。
これまではそこにiPodと手帳があったので小さな鞄はパンパンだったが、今はだいぶ余裕がある。
場合によっては、鞄すら持ち歩かないことも増えてきた。

一つのツールに機能を集約すると紛失時のリスクは高まるが、
逆に言えば、その一つにさえ注意を払えば、むしろ紛失そのもののリスクが減る。

オレはiPhone 4からiPhoneシリーズを使ってきたが、
これまでは「好きなガジェット」程度でしかなかった。
だが、iPhone 7はもう生活の一部であって、既に切り離せない。

【今日のまとめ】 
ハンドクリームのアプリは100年以内に出るだろうか。


というわけで。
  1. 2017/01/16(月) 20:53:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コーヒーを抜く | ホーム | 冬の脅威>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1807-557f2f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: