怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

国がオフィシャルに人を殺すシステム

死刑制度を廃止すべきか否か、という話題が定期的に上ってくるが、
国がオフィシャルに人を殺すシステムなど、なくなった方がいいに決まっている。
そういうシステムがある以上、
もし将来この国の政府が暴走した場合、それに則って、
無実の人間が国によって「合法的に」殺されるリスクを排除できないからだ。

こういう話をすると、決まって「お前の家族が殺されても同じことが言えるのか」という話になるが、
バカじゃないのかと思ってしまう。
そんなもの、自分の家族や友人が殺されれば、それを殺した人間には死んでもらいたいと思うに決まっている。

だが、刑罰は被害者を救済するためのシステムではないので、被害者や遺族がどう思うかは関係ない。
オレが加害者を恨むことと、その人間がどういう刑罰を受けるかはリンクしないのである。
被害者や遺族の救済制度が確立されていないから、そういうずれた批判が飛んでくるのであって、
それは国にも責任がある。

一つ考えられる方法として、「復讐を合法化する」という考えもある。
遺族が加害者を殺しても罪に問われないように法整備すれば、遺族の感情は満たされるかもしれない。
だが、そんな世の中はオレは嫌だし、誰もそれを望まないだろう。

そもそも、人を殺す人間というのは異常で、殺人というのは異常事態だが、
異常な出来事に必ずしも解決法が存在するとは限らない。
本来起きないことが起きたのだから、それは当然のことだ。
「どうしようもない」というのが答えなのだが、
それを認められず、何か解決法が絶対にあるはずだと考えてしまうからおかしくなる。

【今日のまとめ】
だがギロチンはちょっと見てみたい。


というわけで。
  1. 2016/12/28(水) 20:57:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラーメン二郎 三田本店 | ホーム | ダウンジャケットはいつ着るのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1788-cef58cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: