FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

意味のない意図的な曲解

学校教育に対して否定的なスタンスの主張においてよく登場するのが、
現代文における、「この時の作者の気持ちを答えよ」という問題である。
そんなものは分かるわけがないだとか、作者本人が解いても正解できなかったとか、
要するに「意味のない問いが学校では行われている」という文脈でそれは登場する。

しかし、オレは小中高と学校教育を受けてきて、そのような問題に出会ったことがない。
果たして、そんな問題は本当に存在するのだろうか。

オレが現代文の問題で覚えている主な問いは、「傍線部はどういうことか」という問題だ。
それは説明問題なので、作者の心情には関係がない。
答えが用意されている選択式の問題で、
「この時の作者の心情に最も近いと考えられるものはどれか」という問題は確かにあったが、
それは正解以外の選択肢が明らかに誤っているし、あくまで「最も近いと考えられる」でしかないので、
作者の真意と関係なく解くことができる。
他方、「作者の気持ちを答えよ」は、作者の真意を答えなければ不正解なのでそんなものは解けるはずがないが、
繰り返すように、そんな問題をオレは見たことがない。

要するに、「作者の心情に最も近いと考えられるものはどれか」を「作者の気持ちを答えよ」と取り違えているということだと思われるが、
それは、おそらく学校教育を否定したいゆえの意図的な曲解だろう。
学校教育はこんなに意味がないんだ、だから変えるべきなのだ、という結論ありきなので、
そのような絶対に解けない問題があたかも本当に出題されていたかのような主張をするのだ。

このような意図的な曲解に基づく主張はさまざまな局面でなされるが、
それは完全に意味のない主張だし、無駄な消耗でしかない。
オレは、そのような主張をする人間とは付き合わないと決めている。

【今日のまとめ】
変な学校の入試では出るのだろうか。

というわけで。
  1. 2016/11/23(水) 23:21:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蕾 煮干分家 | ホーム | ラーメン二郎 横浜関内店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1753-d029d98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: