怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

ラーメン二郎 大宮店

161117大宮二郎1

先週木曜、月末での閉店が発表されているラーメン二郎大宮店へ行った。
10時20分頃に到着したところ、ちょうど店主が「準備中」の札を「営業中」に裏返したところだった。
カレンダー上は11時開店だが、連日盛況のため開店を早めているのだろう。

到着時点で並びは28人。
押し寄せている客の大半が閉店を知った二郎ファンであるからか回転は比較的早く、
並んでから1時間しないうちにラーメン提供までたどり着けた。

161117大宮二郎2
▲ラーメン(650円)・ニンニク+味付けうずら(100円)。

161117大宮二郎3

これで最後の大宮二郎になる可能性も高いので、これまでトッピングしたことのない味付けうずらを注文した。
塩気のあるうずらは二郎のスープとは別個の個性を発揮していて、なかなかよく合っていた。

オレの中で大宮二郎といえば麺なのだが、その麺の良さは今なお際立っていた。
「ホギホギ」というオノマトペにふさわしい食感と、小麦の風味の豊かさ。
可能ならば一度だけ野菜なし・スープのみで食べてみたかった。

他方、オレはこの大宮二郎の豚は最後まで苦手だった。
しっかりしていて、おそらく豚肉らしさはあるのだろうが(現に、大宮店の豚が一番好きだという二郎ファンも一定数存在したのだ)、
オレにはそれがあまり合わなかったのだ。
しかし、合おうが合わまいが、もうこの豚を食べることはできない。
普段は少し残すこともあるのだが、今回は二枚とも食べた。

2008年の開店の翌日に初めて訪れ、それ以来事あるごとに訪れたラーメン二郎大宮店。
正直に言えばそれほど好きな味ではなかったが、それでも高校時代を過ごしたこの大宮に二郎があるということの意味は大きかった。
つけ麺の提供や度重なる「小麦粉研究会」の開催など、店主の研究熱心さも光っていた。
店主は別の道に進まれるそうだが、きっとこの熱心さによって、そちらでも成功されることだろう。

大宮二郎はなくなっても、大宮二郎の思い出は消えない。
これまでありがとう。

161117大宮二郎4

【今日のまとめ】
青りんごつけ麺を忘れない。


というわけで。
  1. 2016/11/21(月) 19:57:20|
  2. 二郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラーメン二郎 横浜関内店 | ホーム | 酒を飲むと咳が止まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1751-ac2490ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「愛って暗いね、ナハトムジーク。」

DLミニアルバム「愛って暗いね、ナハトムジーク。」6曲入りmp3/WAV、300円(税込) 詳細はこちら

右サイドバー用

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: