FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

沼津へ

沼津1
▲偶然これだった。

青春18きっぷがまだ余っているので、今度は沼津に行った。
大ファンというほどでもないが毎週見ている「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地であり、
上野東京ラインのおかげで乗り換え一回で行けるのでお手頃感も高い。

6時半頃の列車で熱海まで行き、熱海から島田行きの列車に乗り換えて10時頃に沼津へ。
聖地の内浦地区は沼津からバスで30分強移動したエリアにある。
あわしまマリンパークの入場券付きのバスのチケットを駅前の東海バスの案内所で購入し、11時のバスで出発する。
サンシャイン仕様のラッピングバスに乗ると、車内には同じく聖地巡礼目的であろうファンが多く見られた。

沼津2

「マリンパーク」バス停で下車し、これまたサンシャイン仕様の連絡船に乗って向かいの淡島へ上陸する。
淡島には水族館やカエル館、レストラン等が設置された「あわしまマリンパーク」や「淡島ホテル」があり、
それらも劇中に登場する聖地となっている。

水族館は小さいながら比較的充実した展示で、水槽もよく手入れされていて綺麗だった。
個人的にはカエル館が面白かった。
見たこともないような、また保護色のせいか見付けることも難しいような珍しいカエルが数多く展示されている。
カエルは跳ねまわるイメージがあるが、跳ねて動いているカエルはむしろ少なかった。

沼津7

島内には「淡島神社」という神社があり、標高140メートルほどの小高い山の頂上に位置する。
劇中でも登るシーンがあったが、石段はかなり急で、足腰の弱い人は登ることができないかもしれないくらいだった。
劇中ではここを走って登る女子高生も登場するが、
走って登ることの是非はともかく(現実ではもちろん禁止である)、彼女は相当な体力があると思われる。
なお、道中にはトイレや自販機はないので注意が必要で、
特に飲み物は水族館の休憩コーナーで事前に買っておくのをおすすめする。

沼津3

沼津4

頂上の神社に絵馬を結んだ後、頂上の少し下で分岐した場所にある「ロックテラス」から内浦湾を一望する。
とても穏やかな海だ。

沼津6

徒歩で三津海水浴場と安田屋旅館をチェックした後、再びバスで沼津駅へと戻る。
のっぽパンも無事入手し、時間も余ったので沼津港へと向かった。

沼津5
▲鉄火丼+いくら。

「魚河岸丸天」の海鮮丼はさすがの美味さで、白飯の量も多く大満足だった。

熱海から宇都宮線直通の列車に乗れたこともあり、帰りも楽だった。
時間こそかかるが、普通グリーン車も利用できるのであまり苦にならない。
三津シーパラダイスなど行けなかった場所も多くあるので、頃合いを見てまた行きたいと思う。

【今日のまとめ】
海のある場所は基本的に満足度が高い。


というわけで。
  1. 2016/09/07(水) 00:30:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バイブレーション付きのアラーム | ホーム | 上田の鳩の砂糖壺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1675-54744f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: