FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

「元年」と「1年」

今上天皇の生前退位の話題でインターネットは持ち切りだ。
宮内庁はこれを否定しているようだが、NHKも報道したくらいなので、根拠のないガセネタではないのだろう。
各人の反応はさまざまだが、少なくとも、国民が天皇に関して強い関心を持っているということがこの件で再確認された。

今上天皇が退位し、現在の皇太子殿下が天皇として即位すれば、元号が変わる。
そうなると、その歳に生まれた人間は、「◯◯(新しい元号)元年生まれ」となるわけだが、
この「元年」の扱いは面倒で、そのことを平成元年生まれであるオレはよく知っている。

つまるところ、何かしらの書類に生年月日を書く際、「元年」と書くか、「1年」と書くかで悩むのだ。
これは、元号を採用している以上、公的書類では「元年」を使うのが正しいとも言えるだろう。
だが、公的書類の代表格である運転免許証を見ると、オレの生年月日は「平成1年」と書かれている。
この時点で、既に「公的書類では『元年』」という法則性は既に失われているので、結局どうすべきかが分からない。
おそらく「どちらでも正しい」というのが答えなのだろうが、二種類あると、どうしても悩んでしまうものである。
平成2年以降は普通に数字を使うのだから、もはや「元年」も「1年」でいいのではないだろうか。

そもそも、元号を正式な書類で使う慣習だって、そろそろ要らないのではないだろうか。
「元号が変わればシステムエンジニアが対応に追われて苦しむ」という話題で既にネットは盛り上がっているが、
役所が西暦一本にすれば、そうしたことで悩む必要はない。
こんなことを言うと国粋主義の人に怒られそうだが、
それを言うなら「皇紀」だって、もう役所では使っていない。
元号はそれとして大事に残しつつ、書類では使わなければいいだけだろう。

そうは言っても、次の元号がどうなるのかはもちろんオレも気になるし、
書類はともかく、きっと口頭では「元年」と言ってしまうのだろう。

【今日のまとめ】
西暦と和暦の対応は競馬で覚えた。


というわけで。
  1. 2016/07/14(木) 20:34:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オレだけが触れる電子書籍 | ホーム | すぐ「100%」や「絶対」と言う人たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1621-309fa2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: