FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

同じ名前なのに違う店

台湾ラーメンで有名な名古屋の「味仙」が神田に出店するというニュースを目にした。
だが、写真の看板を見るに、どうもオレの知っている味仙とは少し違う気がする。
そこで調べてみると、味仙のグループであることは紛れもない事実で「本物」だが、
オレが行ったことのある、今池や矢場の味仙とは異なる系列であると分かった。
それはそれで食べてみたいが、メニューはやはり異なるようで、
オレが食べたことのある味が東京で食べられるようになったわけではないのは少し残念だ。

こういう「似た(あるいは同じ)店名だが違う」というパターンは、老舗にはなかなか多い。
たとえば、この前行った京都の四条通りには「大丸」と「藤井大丸」があったが、両者はまったくの無関係だそうだ。
大阪の豚まん「蓬莱」も、「551」ではない別の「蓬莱」が2つある(これは母体は同じだそうだ)。
その他にも、山本屋と山本屋総本家、千疋屋総本店と銀座千疋屋・京橋千疋屋など、
名前は似ているのに実は違う会社だったということはしょっちゅうある。
ラーメンの大勝軒だってそうである。
「◯◯なら食べたことあるよ」と言ったものの、それは相手が食べた◯◯とは違っていたという事態も頻発しているに違いない。

これらは別に誰かが悪意をもって真似をしたということではなく、いわばどれもが「本物」なのだが、
それだけにかえってたちが悪い。
皆が皆その屋号に誇りを持っているわけだから、今後も名前が変わることはまずないだろうし、
オレたちが混乱することもなくならないだろう。

客としては、もはや恨み言を言っても仕方がない。
似た名前の店の味やメニューの違いを楽しむくらいの気持ちの余裕を持って接するほかないのだろう。

【今日のまとめ】
鳩サブレーは唯一無二なので助かる。


というわけで。
  1. 2016/07/05(火) 20:40:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「投票に行く意味」を深く考えすぎる人たち | ホーム | 法的根拠のないモザイクや消し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1612-02350cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: