FC2ブログ

怠惰と汗と現実と

キムラヤスヒロ(鳩)公式ブログ

伏線を拾わないリアル

「伏線を投げっぱなし」であることは、たいてい批判の的になる。

それは映画でもテレビドラマでも小説でも漫画でも、物語全般において言えることで、
いかにもそれらしい描写を序盤に示しておきながら、結局それが解明されたり、重要なキーになってこないと、
「あれは何のための描写だったのだ」ということになり、叩かれる。
もちろん、拾われて初めてそれが伏線となると考えれば、
拾われなかった「それらしい描写」はそもそも伏線ではなかったということになるが、
どう考えてもこれは伏線として描いたものだろうというものが拾われないことは往々にしてあるものだ。

だが、オレは割と、そういう「伏線を投げっぱなし」な物語が好きだ。
そこにはっきりとした理由はなく、何となく好きなのだが、
無理やり理由を探すとすれば、それはリアルだからだと思う。

当然ながら、現実の世界には「伏線」などない。
それが事後的に何かしらの出来事とつながれば、それがまるで伏線のようだったということはあり得るが、
あらかじめ意味ありげな行動をして、それが後で確実に意味をなすことは不可能だ。
現実は物語ではないので、思った通りに事象をコントロールできないからだ。
逆に言うと、物語なのに伏線めいた描写が結局拾われないことは、リアルさを生み出すことになる。

もちろん、「物語は現実とは別物なのだから、物語である以上伏線は拾うべきだ」という考え方もあるだろうし、
それを否定するつもりはない。
だが、現に伏線を拾わない物語が世に溢れていて、またそうした物語を生み出す作家がある程度の評価を得ているということは、
「伏線を拾わないこと」は、リアルさを生み出すための一つの技法として定着していると考える方が自然だとオレは思う。

【今日のまとめ】
決して某魔女漫画の話ではない。


というわけで。
  1. 2016/05/24(火) 20:49:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<可視化されるクソリプ | ホーム | 古いカラー写真の新しさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatoblog.com/tb.php/1570-5e5a0189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告欄

ぜひクリックをお願いします

広告欄その2

ぜひこちらもクリックをお願いします

プロフィール

キムラヤスヒロ(鳩)

「主に、オレの望みと喜びで。」

DLミニアルバム「主に、オレの望みと喜びで。」6曲入り、600円(税込)~

インターネット土鳩に寄付する(1口10円、シングル「フリスク」付き)

当ブログやメールマガジン、その他活動を充実させるための投げ銭支援をお願いしています。 特典(一口から)として、シングル「フリスク」のmp3およびWAVファイルを差し上げます。 ※振込みでのご支援にも対応いたします。mail@kimurayasuhiro.comまでご連絡をお願いします。

メールマガジン「インターネット伝書鳩」

メルマガ購読・解除
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 

インターネット土鳩のほしい物リスト

ご支援をお願いいたします

ほしくないと言えば嘘になる物リスト

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

インターネット土鳩にメールする

ご意見・ご質問などございましたらお気軽にメールください

名前:
メール:
件名:
本文: